これからの「本当の恋愛」の話をしよう

出会う瞬間は不自然でいい!「隙」がある女性になる手順

結婚式やパーティなど、男性と出会える絶好のチャンスなのに、女性同士で固まっていませんか?女友達に見られながら好意をチラ見せするのが恥ずかしかったり…しかし、「いつもと違う振る舞い」こそが出会いを実らせるチャンスです。「男性に話しかけられてもOK」という隙を見せるアドバイスです。

出会いの実らせ方について

ファーレンハイト 恋愛
by alenka_getman

 さぁ、肌寒い冬の始まりを噛みしめながら本当の恋愛の話をしようか。

 いきなり個人的な話になってしまうけど、11月は2週連続で結婚式があった。
見知らぬ人がお祝いのために集まる結婚式。俺が端的に感じたのは「みんな出会っているのに、出会えていない」ということ。
ふたりとも仲が良い友達だったから俺も幸せな気分になった。(ご祝儀は10万を超えたが…)

 今回は「出会いの実らせ方」を教えたい。前回の出会いの記事がマインド的な側面とすると、今回はスキル的なそれだ。

 結婚式の男グループ。目の端っこで女性を意識しながらも、男同士でつるんで新郎にお囃子をしている。
女性グループ。マジ半分形式半分で「かわいいー」「素敵だね」とか言っている。
それぞれが最初は異性を意識の端っこに捉えながら、交わらないことが分かってくると、純粋に同性同士で楽しんで、結婚式の恒例の流れに乗っかって終了していく。
お互いに興味を持ちながら絶妙に断絶した空気感はなんとなく中学校のクラスの雰囲気を思い出してしまう。

 何のために結婚式に来てるんだよ?と俺は感じる。
新郎新婦を祝う場というのはもちろん当たり前だけど、相手を探している人にとっては絶好の出会いの場だ。
結婚がすでに決まっている、大好きな彼氏がいる、お目当てがいない…そんな人以外は積極的に出会いにいくべきだ。
パートナーがいない人も、彼氏に不満がある人も少しくらい淡い期待を持っているはずだ。それなのにチャンスが活かされていない。
(だって二次会の新郎新婦のテンションは「せっかく来てくれたんだから楽しんじゃって!好きにやっちゃって!」じゃないか)

 これは結婚式だけじゃない。
あらゆる場において言えることで、"何らかの男女の関係が始まりうる場"においては、可能性を拓く努力を最大限にする必要がある。
なんとなくで掴めるものなんて、ショボイ偶然くらいしかない。

 では、具体的なアドバイスに。