エロい妄想で脳から濡れる!セルフ前戯でクリトリスをなでた後はバイブを入れて官能の世界に

第30回目 ラグジュアリーバイブを嗜む作法~官能編~

OLIVIA 21世紀ラブグッズの旅 ラブグッズ オナニー ひとりエッチ
chadawg24


 あなたのラブライフを充実させるラブグッズを女性目線でリサーチしていく「21世紀ラブグッズの旅」

 今回は、前回にひきつづき、商品価格10,000円超えの高級バイブ、通称「ラグジュアリーバイブ」の魅力を余すことなく堪能する作法の官能編をお届けしたいと思います。

STEP1 潤いを高めるベッドメイキング
STEP2 ラグジュアリーバイブの充電
STEP3 コンドームと潤滑剤をスタンバイ

 ここまで準備が整いましたね?

STEP4 お好みのファンタジーで脳から濡れる

 男性が言うところのマスターベーションの「オカズ」(妄想材料)は、セックスファンタジーとも呼ばれています。
女性は、脳の興奮とカラダの反応が直結しているので、単純に「バイブを使えばイキまくれる!」というワケではないんですよね。ここを勘違いしている人が多いように思います。

「バイブ使ってみたけど、よくなかった」という女性は、性器への刺激だけでなく、脳を興奮させてみてください。

 ファンタジーは、自分のお好みで用意しましょう。
男性向けAV、女性向けAV、映画、小説、漫画、なんでもOKです。


 私だったらラグジュアリーバイブに合わせて、全身に催淫効果のあるアロマオイルを塗って、BGMにクラシック(ドビュッシーかバッハ)をかけて、小説版『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を読み、士気を高めます。