21世紀ラブグッズの旅 ~エロの最前線は今どこに~

愛液のようなとろみ!アメリカでも大人気のローション

リアルさが一味違う!どれを買うか迷ったらとりあえずこれ!

第13回目 驚くほどのリアル感!ローション選びに迷ったらアイディモーメンツ


 あなたのラブライフを充実させるラブグッズを女性目線でリサーチしていくこのコラム。
今回は、アメリカのWestridge社(ウェストリッジ社)のローション「ID Lubricants」シリーズから「アイディモーメンツ」をご紹介します。
(前回の「たっぷりと中イキしたい日におススメ!ズンズンと子宮に響くピストンするバイブ」も合わせてどうぞ)


 Westridge社は、2013年に創業20周年を迎えた潤滑ローションの老舗ブランド。
シリーズ名にも入っている「Lubricants」は、潤滑剤という意味。海外のラブグッズサイトを見ると頻繁に出てくる英単語です。

「ID Lubricants」のローションは、創立者が最高の快感を導き出すことを追求しており、専門の研究所を作ったりなど、成分や使用感をこだわり抜いています。
アメリカでのシェアが常にトップクラスの信頼あるブランドなんです。

 世界のラブグッズ事情を調査する中でよく感じるのが、「日本人は、ローションの快適さを知らなさすぎ!!」ということ。
ローションだけでなく、バイブの消費量も他国に比べるとまだまだ少ないのが現状。こんなにも生活を豊かにする便利な道具に囲まれている中、「セックスは道具に頼らない」と決め込んでいるのでしょうか。それとも、セックスをより楽しくする情報に疎いだけ?

ローション選びのポイントはパーツ別の使い分け

「セックスで使うローション」と言って思い浮かぶのは、ソープランドやラブホテルのバスルームで行う全身ヌルヌルのローションプレイかもしれません。
しかし、ローションプレイや男性のひとりHで肌の表面に使うローションと、女性器などの粘膜に使うローションは、使い分けが必要なんです。

 肌の表面に付着したローションを洗い流すのは簡単です。でも、女性器は膣にローションが入ったら、なかなか洗い流せません。膣内洗浄用のビデを使って洗い流すか、自浄作用で排出されるまで膣内にローションが残ります。
化粧品が肌に合わなくてかぶれることがあるように、ローションも体質に合わないとかゆみを感じることがあります。せっかくの気持ちいいセックスもローションかぶれで後味が悪い…なんてことも。

 つまり、ローションは、「ただ使えばいい!」というわけではありません。
女性器の粘膜に使うローションは、お顔に使う化粧品を選ぶように、高品質で安全性の高いものを選びましょう。
その点、全女性に安心しておすすめできるのが、驚くほどのリアル感と安心を兼ね揃えたローション「アイディモーメンツ」です。