• sexPR
  • 2017.12.13

「ダメぇ、イく…!」彼との愛を深めるちょい足しテクニック、教えます【AM×LCラブコスメ傑作選】

彼とのセックスのマンネリ、飽くなきセックスへの探求心、より深いオーガズムの研究…最近、みなさんは今までのセックスに何か工夫を加えましたか?今回は2017年にAMで反響があったセックスの「ちょい足しテク」をまとめてご紹介します!

「彼とのエッチをもっと盛り上げたい」
「今よりもっと気持ちいいオーガズムを感じてみたい」

――そんな願望を抱いたこと、誰しも一度はあるはずです。
でも、女性から一方的に彼にオーガズムを繰り返し求めてしまうのは抵抗がありますよね。
 だけど、ちょい足しするだけで、彼とのラブタイムが激変し、無限オーガズムへと導いてくれる最強テクニックがあるんです。これまでご紹介してきた最強のテクニックの中から、特に反響が多かった“ちょい足しテク”を厳選してお届けします!

あなたの絶頂は、カレの興奮を最高潮に!彼を虜にさせる『カラダ開発』の方法とは

LCラブコスメのラブグッズを使ってベッドの上で抱き合う外国人の男女

 付き合いが長くなると、いつの間にかラブタイムがワンパターン化。もはやセックスが流れ作業のように感じてしまうしまうことも…・…。お互いのセックスに慣れると、新鮮さがなくなり、気持ちよさも半減してしまいます。

 セックスで一番盛り上がるのは、彼とひとつに繋がる瞬間。そして、”彼自身”で女性が感じている姿は、男性の興奮を高めるスパイスなのです。しかし、前戯や挿入時にそれなりに気持ちいいと感じても、その後の「イク」がどれほど気持ちいい快感なのかわからないという女性は多いよう。せっかくの彼の愛撫にも冴えない反応をしているかもしれません。それでは彼のテンションもダダ下がり。
 
 何度もイかずにはいられないほどの無限の絶頂を体験するには、“自分の感じるポイント”を知り、彼とのセックスで感じるカラダに自分自身を開発することが大切。“感じるカラダ”への近道となる、ひとりエッチでの事前練習とは?  
>>続きを読む

感度を磨く『カラダ開発』の方法

大切なのはフィット感!クールなカレも思わず乱れてしまうアソコ開発の方法

LCラブコスメのベッド専用香水リビドーロゼを使ってベッドの上で抱き合う外国人の男女

 どんなにケアを怠らない女性でも、意外と見落としがちなのが“アソコの締まり”。LCラブコスメが行なった男性への調査では、「挿入しているのがわからないほど緩くて萎えた」「一生懸命尽くしてくれる彼女に、アソコが緩くて気持ちよくないなんて言えない」と、内心では、彼女の締まりに悩んでいるという声が続々。それが原因で、セックスへの興味も薄れてしまうとか。

 ベッドの上でも彼が余裕な顔をしているのは、もしかしたら女性側に原因があるのかも!? 自分では「締まっている」と思い込んでいても、彼には「アソコの締まりがイマイチ」と思われている可能性も……。

 ワンパターンなエッチを繰り返さないために、そして無限のオーガズムを一緒に感じるためにも、まずはクールな彼が理性を失うほど乱れてしまうアソコの開発を!その方法、こっそりお教えします。
>>続きを読む

彼の腰が止まらないアソコの作り方

【禁断の告白】24歳男性が語った「恐怖の初エッチ体験」!普段からあなたがすべきケアとは?

LCラブコスメのジャムウ・ハーバルソープを使ってベッドの上で抱き合う外国人の男女

 彼が誠意を込めてクンニをしている姿に愛を感じ、よりセックスへの興奮が高まる女性も多いはず。そして、何よりあの柔らかく生あたたかい舌の感触は、指やペニスでは絶対に再現できない特別なものですよね。

 しかし、残念ながら「彼が全然クンニをしてくれない」「自分がフェラされたいから、彼は義務的に舐めていてるだけ」と悩む女性も増加中。クンニはオーガズムを感じるための、必要な前戯。クンニをしたがらない男性は、本音ではどう思っているのでしょうか?

 意中の女性を半年かけて口説き落としたというタカシさんは、彼女との初エッチを高まる期待と興奮の中で迎える! しかし、あることがきっかけでドン引きしてしまったとのこと。しかもそれがトラウマとなって、だんだんとセックスレス、さらに別れの危機にまで陥っているそう。タカシさんのトラウマの原因とは、いったい何だったのでしょうか?
「最近彼が舐めてくれない」と感じているなら、あなたも他人事ではないかもしれません。
>>続きを読む

彼のクンニがいつもより丁寧に!

イケない女性がオーガズムを初体験!女性自身で「イケるカラダ」を手にいれる方法

LCラブコスメのりゅいーるホットを使ってベッドの上で愛し合う外国人の男女

 外イキより何倍もの快感が得られる“中イキ”。「彼と繋がったまま一緒に絶頂を迎えたい」と望んでいる女性も多く、また、男性も「中でイってくれると嬉しく、自信もついて、彼女を手放せなくなる」と感じているよう。でも、LCラブコスメの調査によると、中イキを経験したことのある女性は4割弱。実際は「中でイッたことがない」「彼と一緒にイケない」と悩む女性は多いのです。

そんなオーガズム迷子の女性たちも、エッチ直前の5秒前にできるテクニックだけで、外はもちろん、中でもイケるようになれたとのこと!

「指だけでイキそうに」「気持ちよさと嬉しさで涙ぐんでしまった」ほど感じるカラダをつくる、“エッチ直前の中イキ準備”とは?
>>続きを読む

彼と一緒にイキたい!

自宅で究極の非日常が体験できる●●がマンネリにもアレにも良かった話/元鈴木さん

LCラブコスメのトロケアウを使ってお風呂に入ろうとする裸の外国人女性の後ろ姿の画像

 交際開始から約5年、結婚して3年が経つ元鈴木さん夫婦の目下の悩みは、“夫婦生活のマンネリ化”。休日は自宅で過ごすことがほとんどのインドア夫婦だけに、刺激も少ないようです。

 そんな2人が、たった1つのアイテムを取り入れただけで、自宅にいながら非日常的なラブタイムを迎えられた体験談を、赤裸々に綴っています!

 いったいどんな非日常がやってきたのか!?そして、どのようにしてそれまで感じなかった気持ちよさを手に入れられたのか?インドア夫婦や、長く付き合っているカップルの皆さん、マンネリ解消のヒントにどうぞ。
>>続きを読む

セックスのマンネリを解消したい!

【フェラ苦手女子に朗報】彼のアソコが甘~い♪スウィーツ感覚の“美味しいセックス”

LCラブコスメのバスローション・トロケアウとラブシロップを使ってベッドの上で抱き合う外国人の男女

 舌を使った愛撫の気持ちよさは、手で触れられるのとは全く違うもの。実際、挿入よりもフェラチオの方が好きという男性もいるほど。彼のセックスへの意欲を駆り立て、更にその後の挿入を自分のオーガズムにつなげるためにも、お互いにオーラルセックス自体の満足度を上げることが大切です。

 「大好きな彼だからしているけど、実はフェラチオは嫌い……。」男性器のあのニオイと味がどうしても苦手だった蓮華さん。ちょっとした工夫で、我慢していたフェラを、美味しく楽しく変えることができたそう。

 「ニオイや味を気にすることなく、もっと積極的にオーラルセックスを楽しみたい!」そんな願いを叶える、スウィーツを食べるような感覚に陥る“美味しいセックス”の正体は……?!
>>続きを読む
苦手な彼のアソコを美味しくする 同時に使っても楽しめる"アレ"と"アレ"

“女性としての最高の幸せ“を感じるラブタイムを、官能小説でイメトレ!

LCラブコスメのベッド用香水リビドーロゼを使ってベッドの上で抱き合う外国人の男女

 クリスマス、バレンタイン、誕生日や交際記念日など、いつもと違うイベントの日の夜は、特別なオーガズムを迎えたいですよね。でも、「いかにもっ!」なメイクやファッションをしても、男性はそこにあまり反応はせず、結果、特別なセックスにはならないことも。

 女性の見た目の変化に疎い男性のやる気スイッチすらも押してしまう効果的な方法は、本能をダイレクトに刺激すること。ちょっとしたテクニックを上手く使い、彼のほうから抑えきれず求めてくるように演出してみては? 実体験に基づいた官能小説をヒントに、“女性として最高の幸せ”を感じられるラブタイムを、イメージトレーニングしておきましょう。マンネリ解消にもおすすめのテクニックです。
>>続きを読む

彼の”本能"を刺激する演出とは?

ちょい足しテクニックで彼と濃厚なラブタイムを

 彼を虜にしてしまう、ほんの少しの簡単なテクニック。理性を抑えきれなくなった彼との濃密ラブタイムで、今まで感じたことのない無限のオーガズムが花開くかも知れませんね!今夜から、まずは1つずつチャレンジしてみませんか?

TEXT/千葉こころ