• sexPR
  • 2017.08.02

「彼女をもっと舐め回したい…」男性の本音が詰まった『初エッチ体験談』

女性としてどうしても気になってしまうのがアソコの臭い。デートはとっても楽しかったのに、ベッドで彼にガッカリされたくはありませんよね。男性にとっても、臭いがキツイ女の子のクンニは衝撃的な経験であるようです…。彼を魅了するような「完璧なアソコ」にするために、私たちはどうすればいいのでしょうか?

カップルがベッドに横たわる画像

知りたくなかった!男性の本音
 フェラチオやクンニは、相手へのご奉仕。丁寧に口で愛撫することで気持ちよくなってもらい、パートナーへの愛情も同時に伝えることができます。

 彼が誠意を込めてクンニをしている姿に愛を感じ、よりセックスへの興奮が高まる女性も多いはず。そして、何よりあの柔らかく生あたたかい舌の感触は、指やペニスでは絶対に再現できない特別なものですよね。

 しかし、残念ながら「彼が全然クンニをしてくれない」「自分がフェラされたいから、彼は義務的に舐めていてるだけ」と悩む女性も増えているようです。

 そんなクンニをしたがらない男性。本音ではどう思っているのでしょうか?

 今回はタカシさん(広告営業/24歳)から寄せられた、オーラルセックスの赤裸々な悩みをご紹介します。

夏を前にして、約4年ぶりに彼女ができたんです。
相席屋で知り合った女の子に一目惚れして猛アタック。シンガーソングライターのmiwaちゃん似でモテる子だから何回かフラれたんですけど、半年かけてなんとか付き合ってもらえました。

それからデートを重ねて、念願の初エッチ。一人暮らしの俺の部屋に呼んで、そっと彼女を押し倒しました。彼女の唇は柔らかく、髪から甘い香りがただよって大興奮。

「ちょっと、がっつきすぎ」

なんて笑われながら夢中でブラウスを脱がして、彼女の下着に手をかけたときには昂りが最高潮でした。もう我慢ができなくて、思わずむしゃぶりつこうとしたら……彼女のアソコから強烈なニオイが!

ブルーチーズのようなムワッとしたニオイに面食らって、結局クンニは断念。あまりの衝撃に、挿入後も中折れしてしまいました。
「ごめん、緊張しすぎて」とごまかしたけど、内心は(こんなにかわいい彼女なのに、どうしてあんなニオイが……)とパニックでした。

本当は彼女を舐め回したいし、クンニ攻めでたくさんイカせたい。彼女の気持ちよさそうな顔が見たいのに、初エッチのトラウマでクンニに挑戦できないでいます。そのせいかエッチも盛り上がらず、最近はセックスレス気味。このままでは別れてしまいそうです。

 彼女を大切に想うならアソコのニオイなど我慢してほしいところですが、どうしてもカラダが拒否をしてしまう……。彼女のことが大好きだからこそ、思いっきり舌でアソコを愛撫ができないことに葛藤を抱えているそうです。

 セックスに満足できないタカシさんは、彼女と別れるしかないのでしょうか?
いいえ、大丈夫!男性がクンニをしないアソコの原因を突き止め、今すぐ始められる解決策をご紹介していきます。

彼がクンニをしない理由とは?

4人に3人の男性がアソコのニオイを我慢している!?

男性が女性の下着を脱がせる画像

 タカシさんのように、男性は「もっと女性を深く愛したい」と思うときほど、オーラルセックスに意欲的になるもの。「丁寧なクンニ」が本命彼女の証とも言われています。

 LCラブコスメの調査では、86%の男性が「オーラルセックスが好き」と回答。彼女が感じている姿に「愛おしい」「興奮する」と答える男性が約9割を占めました。

 だったら世の男性はもっとクンニをしてしかるべき!
と言いたいところですが、タカシさんのように「本当はたくさんクンニがしたいのに、アソコのニオイがキツすぎて近づけない」という男性も少なくないようです。

 実際、 LCラブコスメの調査によると「女性のデリケートゾーンが臭いと感じたのに、我慢して舐めたことはありますか?」という質問に対し、なんと4人に3人の男性が「ある」と回答しています。

 多くの男性がニオイを我慢してクンニした経験があるのだから、「私の彼はクンニしてくれているから大丈夫!」と思っている女性も油断できませんね。私たちの知らないところで、強烈なアソコの臭いを男性はぐっと我慢してくれている可能性があります。

 「ニオイがきつくても我慢できるなら、まあいいか」なんて悠長に構えていると、彼が次第に耐えられなくなってどんどん前戯がおざなりになり、果てはセックスレス、さらにはお別れ……と悲しいエンディングを迎えてしまうかもしれません。

本命彼女になってクンニされる方法

エッチ前に洗うだけじゃアソコのニオイは消えない?

 「じゃあ、エッチする前に洗っておけばいいんでしょ?」

 そう思っている貴女。実はエッチ直前に洗うだけでは、アソコのニオイを改善することはできないのです。

 女性のデリケートゾーンは、おりものや汗、汚れなどがたまりやすい構造になっているうえ、蒸れて雑菌が繁殖しやすいもの。その結果、チーズのような独特なニオイが発生してしまいます。

 さらに、そのニオイを消そうとしてゴシゴシ強く洗うと、洗浄力の強いボディソープが「必要な常備菌」まで洗い流してしまい、逆にニオイがきつくなってしまう可能性も…。しかも、洗いすぎによる強い摩擦によって肌を守るためにメラニンが発生。黒ずみの原因にもつながり、「遊んでいるのかな」と相手に疑われてしまうぐらい見た目の印象も変わってしまうことがあります。

 このように、意外とデリケートゾーンの正しいケア方法が知られていない中、適切なケアによってニオイと黒ずみが気にならない 「完璧なアソコ」を手に入れた女性たちがいます。

彼は下着の上から、そして徐々にずらして直接クリトリスを舌でいじられ……そのまま、長い時間ずっと口で攻められ続けました。

気持ちよすぎて、話ができる状態ではなくなり、挿入の直前に「臭いしなかったの……?」となんとか尋ねてみると「ぜんぜん!! なんかせっけんみたいないい匂いでおいしかった!」と、言うや否や、わたしの中にパンパンになった彼が入ってきて……いつもの様に、挿れながらの激しいキス。彼の口にはわたしの愛液が溢れていましたが、確かにまったく気にならない!
はるさん(31歳 / ピアノ演奏家)
『ニオイや古い角質による黒ずみが気にならなくなったら、もっと積極的になれるかも?』と思い購入しました。

久しぶりのラブタイム。勇気をだして「舐めてくれる?」ってきいたら、ちょっとビックリしてたけど『いいよ』っていっぱいしてくれました!舐めてもらった後のキスも全く臭いが気にならなかったので、ホッとしました。そして、そのエッチ以降ラブタイムの回数が増えました。
pattyさん(40歳 / 主婦)

 アソコのニオイや黒ずみの悩みから解放され、濃厚なオーラルセックスを手に入れた彼女たち。女性としての自信を取り戻してイキイキとセックスライフを謳歌しているようです。

濃厚オーラルセックスの秘訣は?

 そんな彼女たちが実践しているデリケートゾーンの正しいケアは、LCラブコスメの 「LCジャムウ・ハーバルソープ」を使った3分間パック。

LCジャムウ・ハーバルソープ

 「LCジャムウ ハーバルソープ」は、日本人女性の肌質に合わせて開発された 自然派のデリケートゾーン用石鹸。通販のみの販売にも関わらずシリーズで累計281万個も売り上げている、大人気商品です。

 インドネシアの伝統的なハーブなどを調合していて、自然由来の成分がデリケートゾーンのニオイやおりものの元をさっぱり洗い流してくれます。

 使い方はとても簡単。泡立てネットなどでしっかりと泡を作り、デリケートゾーンに乗せて、3分間パック。そのあとは、水やお湯で洗い流すだけです。

様々なハーブ・自然由来の香料

 ニオイの対策だけではなく、黒ずみ汚れにも実感あり。見た目の印象も美しくケアできるので、明るい場所でのクンニも自信を持って受け入れられます。

 防腐剤や安定剤を使用していないから、デリケートゾーンはもちろん、ニオイや黒ずみが気になる脇、乳首、足、顔など、全身に安心して使えますよ。

 カラダの快感だけではなく、本命として「愛されている」という安心感で心も満たされる丁寧なクンニ。

 「本当はもっと舐めたいのに、臭いが……」とクンニを躊躇っている彼のためにも、 「LCジャムウ・デリケートソープ」を使った3分間パックで、正しいデリケートゾーンのケアを始めましょう。

 ニオイのない、清潔感のある「完璧なアソコ」になれば、彼もあたたかい舌を使って夢中で舐めたくなるはず。何も考えられなくなるほど、気持ちよすぎる濃厚なクンニを味わってみてください。

濃厚クンニ体験をもっと読む

LCラブコスメとは?

 「LCジャムウ・ハーバルソープ」を開発したLCラブコスメは、女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。
デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、香りで彼を誘惑する「ベッド専用香水」や、思わずあなたの髪をなでなでしたくなるヘアパフュームなど、恋をする女性のお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。

 「ラブコスメ」で検索すれば、誰にも相談できずにいたお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。


今月の特集

AMのこぼれ話