「おいしい…もっと舐めていい?」彼の舌がとまらない、可愛いアソコの作り方

よくある、エッチするときに電気を消すかどうか問題。見えてたほうが興奮するから、と言って相手が消してくれないパターンもありますよね。そんなときに気になってしまうのがアソコ!黒ずんでいると感じたことがある男性はなんと7割もいるそうです。明るいところで安心してセックスに集中するために行っておくべきケアとは?

ラブタイム中の電気の明るさ、どうしてますか?

デリケートゾーン 黒ずみ ジャムウハーバルソープ ジャムウシリーズ

 部屋の電気を消してエッチしますか?それとも消さずにしますか?

「明るいところでするのは恥ずかしい」と思ったことがある女性は多いはず。しかし、実際にLCラブコスメがアンケートをとってみたところ、「恥ずかしさから、電気を消してエッチをする」という答えが多いものの、3人に1人は電気を消さずにセックスしているという意外な結果が出ました。

「カラダを見られるのは恥ずかしい」という思いを越えてまで、電気を消さないエッチを選んでいる女性にはどんな理由があるのでしょうか。

・電気を消さないほうが彼が野性的になる(38歳/会社員)
・私が感じている表情や乱れる姿を見て彼が興奮してる(24歳/学生)
・消してほしいけど、彼が喘ぐ私を見るのが好きなので消してくれない(21歳/看護師)
・明るい方が彼は好きらしい(27歳/会社員)

「電気は消さない」と回答した方の過半数以上は、相手が姿が見えている方が興奮するという理由から、明るい場所でエッチをしているようです。

 私はラブタイム中、部屋の電気を暗めにしてもらうことが多いのですが、二人で一緒に「これくらいでいい?」「もう少しだけ暗くして」なんて言いながら調光したのに、シャワーを浴びて部屋に戻ってくると、ちょっと明るくなっていることも(笑)。ラブライムの最中に少しずつ電気を明るくしてくる人もいて、びっくりしたことがあります。

 男性は「視覚」で興奮する生き物。仮に明かりを消して見えなくしてしまったら、彼の興奮度合いは半減してしまうかもしれません。シチュエーションや気持ちが入らないと興奮しにくい女性とは、ここが決定的に違う部分なのです。

 とはいえ、明るいところでカラダの隅々まで見られるのは抵抗がありますよね。

 特にどうしても気になるのがアソコ!だって自分でも見たことがない至近距離で、アソコをまじまじと見られるのです。男性の顔がだんだん下へ移動していき、下着を取って脚を開かれる瞬間は、ついつい手で覆い隠したくなります。

実は、アソコの〇〇があるかないかだけで、彼の反応が激変!

 では、男性は女性のアソコに関して、どう思っているのでしょうか。

 LCラブコスメの調査によると、「女性のデリケートゾーンを見て黒ずんでいると感じたことがありますか?」という問いに対し、「ある」と答えたのはなんと男性の7割!

「経験が多い人は黒ずんでいる」といった間違った通説もあり、誤解している人もいるようです。一方で、デリケートゾーンが美しいピンク色である場合にはそれだけで、「かわいい」「美味しそう」と感じるという結果になりました。

 特に日本人は黒ずみができやすい体質で、成人女性の9割以上が黒ずみがあると言われています。デリケートゾーンは肌が薄く、下着やナプキンなどの摩擦によって刺激を受けることが多いので、黒ずみやすいのです。
日ごろから気をつかっているつもりでも、どうしても体質的に黒ずみはできやすいもの。

「男性は見えることで興奮する」のに、アソコをどう見られるかということばかりが気になっていては、せっかくのラブタイムも楽しめません。

 アソコの黒ずみを気にせず、もっと安心して明るいところで自信を持ってエッチするにはどうしたらよいのでしょうか。
彼が興奮MAXに?その秘密