「美しく咲いて美しく枯れたい!」私のセックスライフプラン

 男性に比較して、女性は世代別というよりは、自分の所属する女性コミュニティによって、セックス観が左右されます。
セックスにオープンな友人が多ければ、自分もオープンになるし、「セックスの話題を友人とするなんて恥ずかしい」という似た者同士が集まれば、クローズドなまま。
お付き合いする男性のセックス観の影響を受けることも多かったりと、女性の場合は、外的な要因が強いんですよね。

 様々な世代のセックス観を見聞きしましたが、筆者が考える人生におけるセックスライフの理想は、「美しく咲いて、美しく枯れる」こと。

 女性のセクシャリティーは、お花に例えられ、「開花する」と表現されますよね。
心とカラダで体感することのできる気持ちよさをすべて味わいつくし、「我が人生に悔いなし!」というレベルまでセックスを楽しみ、思い残すことなく、「セックスはもういいかな」と納得した上で、穏やかに枯れていきたいのです。
それが、50代なのか70代なのかは、今は、まだわかりません。
私は、美しく枯れる日まで、丁寧にセックスを重ねていきたいと思います。

 あなたは、どんなセックスライフプランを思い描いていますか?

 次回のテーマは「H:Hotel(セックスを盛り上げるホテルの選び方)」
毎週金曜日更新です。

Text/OLIVIA

■OLIVIAさんの新刊予約受付中!

Tomy

『最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス』
OLIVIA・著
実業之日本社

男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の生きた“テクニック”を紹介しています!

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

前後の連載記事