素敵ビッチのたのしい性活

中イキするために!補助輪(手マン)をはずして出入りに集中する方法

膣内で感じるオーガズムの第一歩!彼の手マンテクニックを向上させて中イキする方法をお伝えしてきましたが、挿入でも感じられるようになりたいですよね。絶対イける手マンだけでなく、挿入でもイキやすくなる方法をお伝えします。

中イキ=補助輪なしで自転車に乗ること

手マンだけでは気持ちよくなれないことを悩む画像

 前回前々回と手マンについておはなししてきましたが、今回の手マン特集最終章は、より中イキに近づく手マンのおはなしです。

 【イクまで続けてくれる手マンの名手を養成する方法】のノンストップ圧迫型手マンで、膣内の感覚でイクことを覚え、【遠慮なく手マンさせよう!挿入でイケる可能性がうなぎのぼりになる理由】のように自分がひたすら気持ちよくしてもらうことに慣れたら、それだけで中イキに近づくはずですが、「合体での中イキまであと一歩のはずなのに、そこから進めない!」という人もいるかもしれません。

 というのも、ノンストップ圧迫型手マンでイクことは、自転車でいうと補助輪がついた状態なんです。ちゃんとした補助輪を付ければ(相手のノンストップ圧迫型手マンが上手になったら)イクのは難しくないです。
そして、合体して中イキするのは補助輪を外した自転車で走れることです。
二輪で走れるように練習する時、補助輪を外した途端にバランスを崩して何度も転びましたよね。「こんなに難しいなら一生補助輪付きでいい!」って思ったほど大変だった記憶があります。

 でも、大人に自転車の荷台を持って一緒に走ってもらうと、「絶対手ぇ離さないでね!」と何度も後ろを確認してよろけながらも、どうにか乗れているものです。
今回紹介する手マンは、そんな「絶対手ぇ離さないでね!」の段階の手マンです。

彼と一緒に気持ちよくなりたい!