イクまで続けてくれる手マンの名手を養成する方法

イクまで手マンを続けてもらうには?

セックス中に濡れすぎて困っている女性の画像

 今週も読者の方からの質問にお答えします!

手マンをされるのが大好きなのですが、彼にしてもらうとあと少しというところで終わってしまいます。理由を聞いたら、膣が締まりすぎて中で指を動かすことが難しく、腕が疲れてしまうようです。向かい合って横向きに寝る体勢なのも疲れる理由かなと思っています。彼氏には握力をあげる筋トレ中だから待っててと言われていますが、待てません。キモチイイ手マンの方法や体勢がありましたら教えてください。

 めちゃくちゃわかります!
膣が指をがっちりホールドしてしまって指を動かせなくなるんですよね。気持ちよくなればなるほど段々締まってきて、一生懸命頑張ってくれているけどイク前に腕が御臨終になってしまうんです。あと一歩でイケそうなのに!という時に止められると、手首を掴んでガンガン動かしてやりたくなりますよね。
でも中には息が上がることなくあっさりとイカせてくれる人もいるじゃないですか。そういう人の腕がムキムキかというとそうでもないんですよ。私は男性のアナルは弄っても女性に手マンをしたことがないので断言はできないんですけど、手マンに筋力はあまり必要ではないと思うんです。

 手マンされる側として観察してきて思ったのは、途中で腕が痛くなる人は体の使い方が上手じゃないんです。正常位ですぐバテる男性、騎乗位を短時間しかできない女性と同じで、体をうまく使えていないから、疲れる割にあまり気持ちよくならないという、効率の悪い動き方をしています。

 今回は、これまで手マンのスペシャリスト達から聞いてきたコツをまとめるので、手マンの名手を養成する時に参考にしてみてください。