• sex
  • 2016.12.15

テクもプレイ内容も普通なのに!「なんか良かったセックス」の共通点を考えてみた

2016年も残すところ2週間と少し…今年も色々なセックスがあったかと思いますが、AM読者の皆さんの「ベストセックス」はどのようなセックスでしたか?今回は、Betsyさんとベストセックスの基準となるポイントを探ってみませんか?

Betsy 素敵ビッチ セックス 思い出 気持ちいい
by Unsplash

 年末になると大掃除や年賀状の準備をしながら、今年1年のセックスを思い出して「あの日のセックスは凄かったな」とニヤニヤしてしまいます。

 ついでにもっと前までさかのぼって、過去のよかったセックスランキングも振り返るんですけど、上位にランクインしている“記憶に深く刻まれたセックス”って、3時間で5回戦したとか、外国人3人と4Pしたとか、そういうインパクトの強いものばかりじゃないなと思ったんです。

記憶に残る気持ちいいセックスの共通点

 インパクトの強いプレイでもないし、勃起力もテクニックもいたって普通なんだけど、「何かあの人のセックスはよかったな」っていう人いませんか?

 そういう“なんかよかったセックス”って、よくよく思い出してみると、粘膜接触以外の触れ合いが多いんですよね。例えば前々回の記事でも書いたような、首筋や襟足など“感情を動かす”プライベートなエリアに触れながらキスされたケース。これだけでも他人と差がつく気持ち良いセックスになりますが、前戯や挿入中も常に太ももや胸、背中など、体のどこかをゆっくりと撫でていてくれるんですよね。

 セックスが終わった後も体に触れて、優しく撫で続けてくれる人って、特に記憶に残りませんか?
私の友人は「最高の後戯のためにセックスしてる」と言っていましたが、その気持ちもよくわかります。後戯もセックスの大事な一部なんですよね(ナンパ等での即セックスの場合は鬱陶しいだけですけど…)。

 それに比べて、粘膜以外は胸くらいしか触ってもらえないセックスって、いくらクリトリスやGスポットを的確に愛撫してくれても、イマイチ乗りきれないというか、そっけない印象が残ってしまいます。すごく好きな相手だったのにセックスの記憶はなぜか残っていない、というのがこのケースだと思います。

まずは自分から触れてみる

 たくさん触れられた分だけ気持ちいいと感じるのは決して幻想ではないんですよ。皮膚には、ゆっくりと触れられるときだけ感じるセンサーがあるらしいんです。
毛(うぶ毛)が生えている場所、つまり手のひらや粘膜以外の場所を秒速3~10センチの速さで撫でられると、心地いいと感じるようになっているそうです。

 ただ、それがナチュラルにできている人って少ないと思うんです。できていないというか、触れることで相手がどれだけ喜ぶのかを知らない人が多い。だから、もしセックス中にもっとたくさんパートナーに触れて欲しいと思っているのなら、まずは自分から相手に触れてみればいいと思います。
キスしている間は体を密着させるだけではなく、腕や背中を撫でたり、首筋や襟足に手を滑らせたりすると、好意や興奮を伝えることができます。

 彼の上半身に舌や唇を這わせて愛撫し、段々と下腹部へと下っていくときは、脚を絡め、内ももで彼の太ももを撫でるようにするとか、使っていない手を胸に這わせて触れることができます。
脚の間に入ってフェラするときだって、口とちんこの粘膜接触だけの場合と、片方の脚に跨っておっぱいやお腹が少し触れるような態勢になって、余った手で腰や鼠蹊部に触れる場合とでは、相手の男性が得る印象は全く違うと思いますよ。

 たくさん体に触れてもらうために、肌をすべすべに手入れしておくのもありですよね。乾燥する季節なので、私もセックス前には特に念入りに保湿してみようと思います。

Text/Betsy

次回は<半裸セックスで寒さ知らず!地味に寒い真冬の温セックス実践法>です。
寒暖差が激しい2016年の冬…そんな中でのセックスは寒さとの格闘になってしまうことも多々…そして、寒さは感度にとって大敵!そこで、今回は「冬セックス」を耐えしのぐ方法をBetsyさんがご紹介!心も身体も温まるセックスを体得してみませんか?

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。
今月の特集

AMのこぼれ話