女子会トークの定番!「包茎vs非包茎」徹底分析

包茎とズル剥け(非包茎)の違いってどこにあるか分かりますか? セックス経験豊富な女性でも意外とどちらかの状態のペニスしか見たことがないという人も多いんじゃないでしょうか? 今回は、Betsyさんに実践的にその違いを解説してもらいました!

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方 包茎 非包茎 仮性包茎 真性包茎 カントン包茎
©Jerry

 以前、バイブ特集対談した際に、包茎のバイブを探しているという話をしたのですが、先日、海外のアダルトショップをチェックしていたところ、ついに見つけてしまいました。立派な包茎のバイブを。
今ちょうど包茎バイブで頭が一杯なので、今回は包茎と非包茎の話をしようと思います。

 包茎といっても、いくつか種類があり、日本人に多いのは仮性包茎。
通常時は亀頭に皮がかぶっていますが、皮を手で下ろすと、亀頭がつるんと簡単に出てきます。勃起したときには亀頭が露出するので、セックスに支障はありません。

 通常時も勃起時も亀頭が皮に覆われていて、無理に剝こうとするとイタタタとなるのが真性包茎。皮の出口が狭く、無理に剝こうとすると狭い皮が亀頭を締め付けてしまうのがカントン包茎です。

 真性包茎さんは、亀頭が皮に覆われっぱなしで不衛生になりやすく、とんでもないニオイを放っていますし、カントンさんもとっても痛そうなので、私としてはただちに病院へ行ってもらいたいです。

 ということで。ここでは、女子がよくお目にかかるであろう、仮性包茎と非包茎について書いていきます。

 包茎と非包茎、どっちがいいのか!? という話題は、一度は女子会であがる話題ですよね。
大学生の時に出会った男の手術済みの竿が、それはそれは見事なカリ高で、たまたま相性も最高だったので、私自身は「包茎の皮なんて無駄なんだから、とっとと切っちゃえばいいのに」って思っていました。

 ですが、今は仮性包茎も非包茎も好きです。仮性包茎には仮性包茎の良さがあり、非包茎には非包茎の良さがあることに気付いたのでまとめてみました。