無反応だと戦力外通告!?男性が頑張ろうと思える4パターンのエロリアクション/セックスパフォーマンス(後編)

パフォーマンス(後)


 前回「喘ぎ声の演技なしで“脱マグロ”!お互いの興奮をシンクロさせるセックスパフォーマンス」の後編です。

 先週も言いましたが、セックス中の【演技】はオススメしません。
きもちよくない時にきもちいいフリをしても何のメリットもないどころか、お互いが楽しめないセックスになってしまうのです。
それを続けていたら二人のセックスは進化のない、退屈なものになってしまうと思います。

 二人の興奮を高めてもっときもちよくなるためには、イイ時にはイイとはっきり相手に伝わるようにすることが大事です。
前回は喘ぎ声や言葉でそれを伝える方法でしたが、今回は【動き】についてお話します。

きもちよかったら、隠さず反応をしましょう

Betsy 素敵ビッチ ラブグッズ フェラ クンニPhoto The Berto


 これは女性だけでなく男性にも言えることなんですが、完全に相手に体を委ねて微動だにしない人がいるんですよね。

 上になってキスしても、ぽかーんと口を開けて舌を出しているだけ。
「キスはもういいってこと?」と思ってどんどん下の方に向かっていき、フェラを開始しても目を閉じて両手を頭の後ろで組みじっとしているだけ。
「気持ちよくないのかな?」と不安になって、どうされるのが好みか聞いてみても「好きなようにしていい」と返される始末。

 それでもちんこはフル勃起なのがまだ救い。
もうこちらはちんことその周辺の筋肉の反応を見て動くしかないわけです。
そして、最終的には「イク」とも言わずに無言で発射。
いくらフェラでシーツを濡らす私でも、こんなに無反応だとヌレませんよ!即戦力外通告です!!

 せめて吐息の一つでも漏らして欲しいし、できれば腰ももぞもぞと動かして欲しい。
せめて体をよじって枕にしがみついてくれると、「もうちょっと頑張っちゃおうかなー」とか思うじゃないですか。
相手も考えることは一緒。
きもちいい時は、恥ずかしくても、きもちよさそうな反応を隠さずに出しましょう!