普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス

股を開けばヤレる!楽しいヤリマンを卒業し、結婚した理由/アラフォー美人熟女の性事情(3)

アラフォー人妻が今までの経験を激白!なぜ今の冴えない旦那を選んだのか…?

 今回ヰタ・セクスアリスを語ってくれたのは、この連載初のアラフォー女性。
20代の頃から質・量ともに奔放なセックスライフを送ってきたものの、今は結婚して一児の母になっているRさん(43歳)です。
第一回目第二回目も合わせてどうぞ。

自分から股を開けば案外ヤレる

遠藤遊佐 オナニー 1人エッチ オーガズム 潮吹き 普通の女の子のエッチ事情 新ヰタ・セクスアリス


――相手に押し倒されるサセ子だったRちゃんが、自分からガンガンいくようになったのには何かきっかけが?

R: SM雑誌の編集やってた頃かな。
特にきっかけはなかったんだけど、押し倒されるのを待たなくても、自分から股を開けば案外ヤレるっていうことに気づいちゃったの。ほんと、合コンなんかでも「いいな」って思った人がいたらこっちからいくようにすると、まあ一回はベッドインできるんですよ。
そこで10年続いたサセ子期の呪縛から解き放たれて、ヤリマンの道を歩き始めたの。

――そんなに簡単にヤレるものかなあ。
どうやってアプローチするの?

R: 気になる人がいたら、まずその人が興味を持ちそうな話題を振ったりして近づくの。ボディタッチをベタベタして「こいつはヤレそうだ」と思わせる!
あと、お見合いパーティやハプニングバーもよくお世話になったなあ。そういうところではね、同じ年代じゃなく、初心者っぽい若い子を誘うのがポイント。

――なるほど、意外にも年下のほうがゲット率が高いと。

R: うん。それに今はもう年上はイヤ。私より上ってなると普通に加齢臭する年代になっちゃうもん。
だから中年オヤジが若い子に行く気持ちはすごいわかる!