男性がおっぱいを揉まずに乳首ばかり狙う理由を考えてみた/Betsy

なぜ乳首ばかり触るの?

先日、このような質問が届きました。

なぜ男性って胸の方が触り心地がいいはずなのに乳首ばっかり触るんですか?感じすぎるので疲れてしまうし、胸全体を触ってもらった方が個人的には楽です。Gカップなので絶対に胸の方が触りごたえがあると思うので本当に謎です。

「乳房を放置して乳首ばかり触るなんて、そんなことある?」と思い返してみたんですけど、確かにそうですよね。「おっぱい=揉むもの」という印象がありますが、実際には乳首ばっかりいじられてます。キス中には服やブラの上からサイズを確認するようにひと揉みふた揉みしても、一度乳首が出てくれば乳首に一直線。指先で乳首を弾き、口にふくみ、舌で転がす、の繰り返しです。下手したら、こちらがフェラなどの責めをしている間にも、隙さえあれば手を伸ばしてきて乳首を摘ままれますよね。大学生ぐらいまではおっぱいがパーンと張りすぎて硬いのがコンプレックスで、おっぱいが硬いから揉まれないんだと思っていたのに、柔らかくなってきてもなお乳房と乳首のいじられ比率は、圧倒的に乳首の方が高いです。

そこで、男性が乳房を放置して乳首ばかりいじる理由を考えてみました。ひとつは《本能的に乳首を狙ってしまう説》。乳首ばかりいじる男性に理由を聞いてみたところ「理由はわからないけど、ついつい手がのびる」と言われました。女性が乳首で感じているかどうかは関係ないそうですし、乳首の形状とサイズ的にいじりたくなるのかもしれないですね。

ふたつ目は《女性に気を遣っている説》。女性は乳房を揉んでも気持ちよくないし、揉みすぎることで胸が垂れることを気にしていると聞いて、自然と感度の高い乳首だけをいじるようになった人もいそうですよね。無意識に気を遣うことができる優しい人だということです。

前後の連載記事