Tinderのセフレにガチ恋されて結婚しました!その道のりがハードすぎた

「セックス大好き・Tinder大好き・女性用風俗大好き」
性の三種の神器、全制覇のタピオカ亭すじ子です。

私事ですが、このたび、なんと……

Tinderで出会った人と結婚しました!

今回は、どうやって結婚することになったのかの経緯と、どんな人とだと結婚までこじつけることができるのか、相手の男性の特徴をご紹介したいと思います。

タピオカ亭すじ子とは

まず、私のことを知らない方々に簡単に自己紹介します。

タピオカ亭すじ子、現在28歳のアラサー。
もともとセックスが大好きで、若い頃から女性用風俗を愛用。その後、Tinderの味をしめてからは、毎日複数のチンチンとセックスを嗜むヤリマンへと進化。自身の容姿は、下の下、誰が見てもわかるブサイク。容姿にも性格にも自信は全くない、マンコにしか自信がないどうしようもないセックス化け物です!!! また、恋愛をすることが好きではない「アロマンティック」な人間でもあり、結婚はしたいとはまったく思ってない人種でした。

彼との出会い

私の結婚相手となるAくん(年下・会社員)との出会いは、数ヶ月前。すでに複数いたセフレの新規加入メンバーとして、そんな恋愛なんてするつもりもなく会ったのが始まりでした……。

ちなみに、以前、こちらの記事にも書きましたが、私のTinderのプロフィールには「性的な目的ですwwwww」と書いてあり、プロフィール写真はブサイクながらも、かなりの頻度でマッチします。そしてかなりの頻度でセックスできて、セックスしたら、かなりの確率でリピーターになります(マンコだけは顧客満足度80%くらいなので)

会う前のやりとりでは、Aくん自身も「性的な目的です!」とTinderのメッセージで言ってたので、「へっへっへ〜! どんな性欲お化けが来るカナー!?」と、期待したのですが……実際、初めて会ったときには、もうとにかくふつーーーの性欲のない好青年で拍子抜けしました。

もともと、Tinderの人と性的な目的で会う場合、必ず家かホテルに直行して出会って数分後に即セックスが基本中の基本の流れなのですが、彼はむしろ草食すぎて、すぐには手も出してくれず、かなり焦りました……。

「セックスしたいのにそんな雰囲気にならねえ!!!!」と思いながら、彼の家で数時間もたわいもない会話をし、その後やむを得ず外出して食事を挟んでから(私はTinderで性的な目的として会った人と食事にあまり行ったことがないのに!!!)最終的には私が襲う形でセックスしました。

初対面の男の人に

「とりあえず……えっとー……1回、交わっとく?」

と言ったのは私も人生でそのときが初めてです! そうでもないとセックスできない雰囲気でした!!!(泣)

その後、なんとなーくメッセージして、数回会ってその度にえっちしていくと、徐々に互いに打ち解けていきました。そのうち、普通に会話してても楽しくなるくらい仲良くなってしまい、気づいたら一緒にお風呂入ったり、ずっとハグとキスだけしたり……

そしてある日、「彼女になってほしい」と人生で初めて告白されて、一度は断ったのですが、押されまくって付き合うことになりましたとさ! めでたしめでたし。

とは、ならず。
ここから、昼ドラみたいな展開になろうとは誰も予測していませんでした……。

結婚までの道のりがハードすぎて詰んだ

そもそも、私がAくんの告白を一度断った理由として、以下の2点があります。

① Aくんは当時、セックス経験が多いほうではなく騎乗位しかできない男だったため、もし付き合ったら、ずっと騎乗位地獄になってしまいそうだったから。
② 私には当時、複数人のセフレがいて、そのうちの一人に対して、私自身少し好意があったから(でも最悪Aくんと付き合ってもいいとは思ってた)

まずは①の問題から。

私は、Aくんに告白されたときに「私、一生騎乗位なんて嫌だし! 順位で言うと、1位・正常位、2位・バック、3位・立ちバック、4位・その他特殊な体位で、5位が騎乗位だよ! だから付き合えないよ!」とAくんに伝えたほど騎乗位だけが嫌でした!!!

しかし、どうやらAくんは、人を好きになったら何としても手に入れたいタイプらしく「すじ子を手に入れるためならなんでもするー!」とやる気を出してくれて、手取り足取りで他の体位のやり方を教えてあげながら無事に他の体位もやってくれるようになりました!!

むしろ「すじ子のおかげで他の体位もできた! 嬉しい!」と言ってくれたので、よかったです。セックス育成、成功!

続いて②の問題。
これがーー……いやあ、それはとても厄介でした……。

もともと私には、Aくんと出会うよりずっと前からTinderで出会って連絡を取ったり会ったりしてた、超草食系大学生セフレのBくんがいました。Bくんがもともと童貞だった(私が童貞を奪いました)のと、普通に友達としても仲良くなってしまったこともあり、いつしか私は彼に好意が芽生えていました。

ただ、前述にもあるように、私は恋愛感情があまりない人間なので「まあBくん好きだったけどAくんと付き合ってもいいかー」と思い、Aくんからの告白を軽い気持ちでオッケーすることに。

その後、Bくんから連絡があり「会いたい」と言われたときに「ごめん、彼氏ができたからもう会えないよー」と伝え、それで無事にBくんとの縁を切る予定でした。

が、しかし!! なんと……

ここにきて、Bくんにも告白されることとなるのです!

前後の連載記事