結婚したけど、もう一度恋愛したい!もしそうなったらどうすれば?

series_02
pexels-photo-935789

こんにちは、斗比主閲子です。

編集者さんから「結婚後に、配偶者への魅力を失い恋愛をしたくなるという気持ちを持つ人がいるようです。不倫は許されない中、そのような気持ちはどうしたらいいでしょうか?」というお題を頂きました。

友達や知人に表立っては言いにくいお悩みですね。ちょっと考えてみることにします。

配偶者への興味を失うことはありえる

そもそも配偶者への興味を失うことはありえますよね。

相手に不満があるからというだけではなく、仕事が忙しいとか、子ども中心になってしまったとか、時間が経って何となくとか、色んなことがあって(なくても)、配偶者との関係がおろそかになる。

何度も書いていますけど、結婚式で「病めるときも健やかなるときも……」と宣誓させるのは、配偶者への愛情が乏しくなるリスクがあるからと考えられます。みんながみんな愛情を維持できるようであれば、わざわざ約束させる必要なんてありません。誰も秘密を漏らさなければ秘密保持契約書を結ぶことが習慣になることはないようなもの。

明確に嫌いだというわけではないけれど、空気みたいな存在とか(ある意味空気ほど重要なものはないですが、よくたとえられる)、好きだけど性的な気持ちではないみたいに、人によって、シチュエーションによっては、配偶者への気持ちというのはグラデーションが多少はあるものです。

そんなときに、この人ではなくて他の人と付き合ってみてもいいかもという感情自体は否定されるものではないと思います。心の中の気持ちはどんなものであろうと他人が介入していいものではないですから。

愛し合っている夫婦という形以外の関係性もある

とはいっても、自分の配偶者が自分に興味を失っていて、他の人に気持ちが移ろっているかもしれないというのは、興味を持たれなくなった本人としては辛いところがあります。

もうどうにもこうにもしょうがなくて離婚に至るというのも致し方ないですが、早々と見切る前に、愛し合っている夫婦という形以外の夫婦関係を模索してみてもいいのではないかと考えています。

例えば、子どもがいるとしたら、善き配偶者ではないが、善き親になるとかですね。子はかすがいという言葉がある通り、子どもを起点にして成立している夫婦というのもあるものです。

また、友人みたいな夫婦関係というのもありえます。性的な接触は非常に少ないとしても、一人暮らしをするためのコストは高いですし、長年一緒に生活してきたらコミュニケーションコストも下がっているものですから、普通の友人よりもっと仲の良い関係性を築けるかもしれません。

前後の連載記事