代表的なクズメッセージTOP3

以上を踏まえ、「友達に薦められ」でもなく「使い方のわからない初心者」でもなく「無課金アピール」でもないプロフィールを厳選してLikeを送り、マッチング成立者とのメッセージを開始したワタクシ。

率直な感想ですが、大半の男性は良いかたばかりですよ。が、しかし……! 悲しいかな、ごくわずかとはいえクズ野郎が存在するのも事実。代表的なクズメッセージTOP3は以下の通りです。

1.「酔っ払うとどうなっちゃうのかな?」

2.二文目でイキナリ家に来たがる

3.「セックスはお好きですか?」

まずは「1」から。Tinderにはプロフィール欄に「興味」という項目があり、「ショッピング」「映画鑑賞」「ワイン」などから3つ以上選ぶことができます。私は「ワイン」を興味として掲げているのですが、一発目イキナリ「酔っ払うとどうなっちゃうのかな?」というメッセージが来たことがありました。「エッチな気分になっちゃう」的な回答を期待していたのでしょうか? まずは「初めまして」とか「こんにちは」とかだろうが! 

はい、次「2」。「初めまして」も「こんにちは」もなく、イキナリ「飲みましょう!」と来たのは、まぁ良いです。興味欄に「ワイン」って掲げているわけですから。問題はここからで、「飲食店が再開したら是非」と返したところ、「お家に行っちゃダメ?」と……。ダメに決まっているだろうが! 

「3」の人は、本当に残念でした。序盤は紳士的で、お互いのアウトドア趣味の話題で盛り上がっていたのですが、ある日突然「大事なことを聞かせてください」と。ダンナや子どもの有無を聞かれるのかなと思いきや、とんでもない! 「セックスはお好きですか?」と。アウトドア趣味の共有だけでなく、セックスもできますよね……という旨、確認したかったのでしょうね。

男性諸君! 逸る気持ちはわからんでもないが、「急いては事をし損じる」という諺を頭に叩き込みましょう。

Text/菊池美佳子

前後の連載記事