AM9周年企画!9人に聞く「新しい生活様式でぶっちぎりでモテる方法」

AMは2月14日に9周年を迎えました! それを記念して、「恋愛ベストナイン」をお届けします。9人の有識者に明日から使える恋愛ハウツーを教えていただく企画です。

第1回目は「新しい生活様式でぶっちぎりでモテる方法」。これまでのモテテクが使えなくなった昨今。新時代を乗り切るアプローチ方法を教えてもらいました。

雨あがりの少女さんの回答

好きな人の口元を見たり、その美しい手にさわったりすることも難しいご時世になりましたよね。逆に言えば、マスクを外したり、ふれあったりすること自体が好意や覚悟の合図になってるのかなと思います。好きじゃない人や仲良くなりたいとも思わない人とはリスクをとってまで近づきたくないですからね。

マスクを外して同じ皿の食べ物をつつき、ボディータッチまでして、笑いあう。もうそこまでしたらどうせ濃厚接触だし、セックスしたって同じことだ!って私は思っちゃいます。だからもう食事で良い感じだったら一気にアクセル踏みこんで良さそう。

感染症に敏感なご時世に愛されやすいのはきっと、信用できる人。もしかしたら不特定多数と無防備に会ってそうな人は今は不安に思われるかも。変な嘘をつかなさそう、普段から感染対策をしてそう、そういう人が普通にモテるんじゃないかなぁ。

こんな世の中になっちゃったけど、ただ地道に生活していくことしかないですよね。

Text/雨上がりの少女

菊池美佳子さんの回答

先日、SNS上にこんな投稿が流れてきました。「マッチングアプリに登録しているが皆、口を揃えて『世の中が落ち着いたら会おう』ばかり」と。これを逆手に取り、ぶっちぎりでモテるには、すぐに会うことを提案しましょう

とは言え街は、やれマスクだ、やれ検温だ、やれアルコール消毒だ……これでは甘い雰囲気になりにくいですよね。そもそもマスクしていたら、マッチングアプリでの初対面だろうと、既存の顔見知りだろうと、お互い顔をちゃんと確認できないので、進む恋も進まない……。

そこで「家デート」がオススメです。一般的には「いきなり家デートはよろしくない」とされていますが、だからこそ! 一般論とは一線を画したやり方が、ぶっちぎりのモテに繋がるのです。

ちなみにヤリマン全盛期の頃の私は、路上ナンパだろうとSNS経由だろうと合コンだろうと、好みであればすぐ家に連れ込むタイプでしたが、危ない目に遭ったことは1度もございません。逆に、「キミの家にあがった途端、奥からマフィアのボスみたいなコワモテの男が出てきて身ぐるみ剥がされるのでは……」と、相手から怖がられるほどです。さあ、いきなりの家デートでぶっちぎりモテを目指そう! 

Text/菊池美佳子

紫原明子さんの回答

まずは普段なら絶対に買わないセクシーなスケスケのキャミソール、またはボンテージスーツを一着買っておきましょう。それをお部屋の一角に吊るした状態でzoom飲みをします。

といっても最初はセクシーキャミソールまたはボンテージスーツが画面に決して映り込まない角度でzoom飲みを始めましょう。飲み物は「ほろよい」が良いでしょう。2本目に突入したあたりで「あ〜少し眠くなってきた」などと言い、体勢を変更すると見せかけながらPC/スマホの角度を変え、そこで初めてセクシーキャミソールまたはボンテージスーツが画面の端に映り込むようにします。

しかし、映り込んだのを確認した瞬間に「あっ」などと言いながら、何事もなかったかのようにまたすぐにPC/スマホの角度を元の位置に戻しましょう。つまりセクシーキャミソールまたはボンテージスーツは実質、数秒しか映像の中には映り込まないということになります。

しかしこの数秒が非常に重要です。最初から最後まで見え続けていてはいけません。数秒に留めることによって「あれは何だったんだ」「よく知っていると思っていたあの子に新たな一面が?」と、見るものの心をざわつかせ、考えれば考えるほど真実に辿り着きたい、あなたのことをもっと知りたいという強い欲望を掻き立てるでしょう。

Text/紫原明子

渋木プロテインおやじさんの回答

こんな質問、ブス非モテな私が答えちゃっていいんですか〜〜!?!?!? モテてないので、全くわからないんですけど、自分を偽ればワンチャンいけるんじゃないかな〜って思ってます! つまり「会えない状況を逆に活かす」というテクです!

まずは、クソほど盛れてる写真を用意して、出会い系やらSNSやらに載せましょう。最近のアプリの加工技術はすごいっすから、もはや、加工の技術次第では私のようなドブスでも、石原さとみさんや明日花キララさんみたいな美しい顔になれます。

でもそれだけじゃダメで、美少女ってやっぱり世の中いっぱいいて、加工技術も発達してるいま、その中でいかに目立つかを考えなくてはなりません!

そこで私が提案したいのはこの方法です。

①猫を飼って、バズらせて盛れてる自分も映り込ませる
②人気ありそうなアニメのコスプレをして目立つ
③男性に人気なもの(女性アイドルとか)を好きアピールして、有名な女性ファンになる

これらを「モテたいから」という理由でやると不純すぎて、本気のファンの逆鱗に触れて炎上し、社会的に死にますが、それでもいいからクソほどモテたい人におすすめです。なんとか目立って人気者になればあとはこっちのものです。もし「実際に会いたい」って言われたら「このご時世だから会えないのが残念……」って言って、逃げましょう。

Text/渋木プロテインおやじ

前後の連載記事