コロナ禍に彼の浮気が発覚!許すことも別れることもできず苦しいです/ものすごい愛

by Harry Cunningham

親愛なるAM読者のみなさま、ごきげんよう。ものすごい愛です。

さて、2020年ももうすぐ終わります。
しっかり者ぞろいのAM読者のみなさまは、大掃除をはじめとする面倒事はきれいさっぱり済ませましたか?
……わたしですか? だらしないことで名高いわたしは「掃除は年末にまとめてやるものじゃない! ましてや大掃除をしなくてもいいように日ごろからきちんとしておくものでもない! 我慢の限界がきたらやるもんだ!!!」と強い気持ちで、今日も雑多な部屋で過ごしております。
だってさぁ、去年の9月に引っ越してきたときの段ボールすらまだ未開封で積んであるんですよ?
大掃除云々の次元じゃなくない?

前回の記事では、交際期間が長くなるにつれて、連絡の頻度やセックスの内容が変化していくことに不安を感じている女性からの相談でした。
納得ができていないまま“わかったふり”をしたところで、きっとそれは続かないし、ほんとうの自分を押し殺すのは苦しいはず。
相談者の方には、一般的に“褒められる”恋愛のやり方に無理矢理に矯正する前に、好きな人と楽しく過ごすためにはどういう心の持ち方をしたらいいのかを、まずは考えてみてくださいね。

彼の浮気の事実を受け止めきれない

【相談】
今年で付き合って5年になる彼氏が、コロナの時期に浮気をしていることがわかりました。相手は私の知り合いでした。
私は浮気を許したわけではないですが、今までの付き合いの長さと、結婚も意識した関係だったので浮気した過去も含めて彼と交際を続けることにしました。しかし、浮気が発覚して以降、彼と会ったり連絡を取ったりするときにも「この人は私の知り合いと関係を持ったのだな」という思いが頭の片隅から消えず、以前の様な接し方ができません。
好きなのに、彼に触れることもこれからできそうにありません。結婚もしたいし、彼とも関係を修復していきたいのですが、自分の心に蓋をするようで、自分自身が納得できません。私はこれからどのように彼に接していけば以前のような関係に戻れるでしょうか(28歳)。

それはそれは……きっととてもつらい日々を過ごされたことでしょう。
「今後も彼と付き合っていく」という決断をするまでに、あなたの中ではかなりの葛藤があったことが想像できます。
自分で決めたこととはいえ、「ほんとうにこれでよかったんだろうか?」という自問自答は、いつまでも続いてしまいますよね。

前後の連載記事