既婚男の「独占欲」に食われないで!ゆとり不倫の意外な修羅場/外資系OLの恋愛沼(12)

前回に引き続き、ゆとり世代の不倫についてお送りします。ゆとり世代ほど不倫で痛い目を見がちっていうのはホント? ゆとり世代不倫女子のDV被害についてトイアンナさんが考察します! 「残された希望は不倫だけ。外資系OLの恋愛沼」最終回です。

ゆる~い不倫はゆる~い修羅場にあらず

トイアンナ 結婚 不倫 バリキャリ アラサー 独身
destinyandfaith

 前回まで、ゆとり不倫ちゃんのユルい不倫事情をお届けしてまいりました。ファミレスで密会、SNSだけの不倫など、想像を超えた関係性を見てきた私は「ゆとりちゃんは修羅場なんて“ラクじゃない”とかいって避けちゃいそう」とのんびり構えていました。

「今日、久しぶりにプライベートで外出できたんです」

 今週のゆとりちゃんは、儚げな雰囲気とエフォートレスな最新ファッションが魅力的な方。
VOGUEに載っていそうな「きちんとモード」な服装のわけは、美容系専門学校のご出身とのこと。さすが美容師さん、プライベートがなくなるくらいお忙しいんですね、と言いかけたところ、

「いえ、実は彼に外出を禁止されていまして」
「彼……って不倫相手ですよね?」
「そうです」
「えーと、……はい?」
「勝手に外出すると、彼から暴力を受けることがあって」

 はいはいちょっと中止!ここから重たい話だからターイム!
私は性暴力防止活動をしており、コラムを書くときはこんな注意書きをしておくことがあります。
※ここから先は暴力表現などが入ります。フラッシュバックの恐れがありますので、ご注意ください。もし気分が悪くなったら、画面を閉じて休憩してください。

 まさかAM(アム)でこの注意書きを使う日がくるとは……。と・いうわけで以降注意してくださいね。

週3日・監視に来る不倫相手

「彼、週3回は泊まりに来るんです」

 嬉しそうに語る不倫女子。でも週3ってちょっと異常じゃない? そこまで泊まっても奥さんにバレないんでしょうか?

「奥さん……は気づいていると思うんですけど、何ででしょうね? 奥さんのご家庭と最寄り駅も同じなんですが」

 な、なんたるリスクの取り方。いくらなんでも近すぎる! 脂汗を勝手にかきはじめた私をよそに、不倫女子は語ります。

「家が近すぎてバレるんじゃない? て言ったら、彼が不機嫌になっちゃって。怖くて、それ以来逆らってません……」

 えー、不倫女子コラムっていうか、DV相談所みたいになってきちゃいましたね。はい解散!