自立した女に「太い実家」は障害?

もうひとつ紹介したい現代的なシンデレラ・ストーリーがオールアジア系キャストと全米ナンバーワン大ヒットを両立させた快作『クレイジー・リッチ!』

舞台はシンガポール、登場するのはあくまで中国系のアメリカ人やシンガポール人が主、しかもみーんな超リッチ! という代物なので、こちらが日本人だからといっていちいち「アジア人同士!」と盛り上がるような映画になっているわけではありません。

しかしアメリカ映画ではアジア系の役柄はまだまだアクセント扱いになっていることも多く、隙あらばカンフーさせられたり刀を使わされていることを思うと、実力派のアジア系俳優たちのイキイキとした競演を見られるだけでも不思議な感動があります

中国系ではあるものの生まれたときからアメリカしか知らない生粋のニューヨーカー・レイチェルは恋人ニックに誘われて彼の故郷シンガポールへ。家族にも紹介されることになったけど、文化が違っても気に入ってもらえるのかな……? なんて心配は甘っちょろすぎました。そう、ニックが実はシンガポールでは知らぬ者などいない世界有数の資産家一族の跡取りだったことに比べれば。

「難しく考えないで(ニッコリ)」なんて呑気な彼氏から不意打ちをくらったレイチェルはシンガポールに降り立つや否やありとあらゆる人からの好奇・嫉妬・疑惑の視線を向けられ、金持ちイベントの数々に放り込まれることに。おまけに彼の母親からは「あなたは所詮アメリカ人。私たちの精神は分かりようがない」と冷たい宣告を食らいます。

カッコよくて優しくて、大好きな彼の正体は御曹司だった!

だけど彼とは住む世界が違う。ハイスぺの元カノには嫌がらせされ、彼のお母さんにも認めてもらえなくて、どうすればいいの~?!

……なんと王道なストーリーでしょうか。目も眩むような豪華なシーンもたくさんあって満足感いっぱいの映画です。

でもこの作品で本当に面白いところは、レイチェルにとってニックのバックグラウンドはほぼ障害でしかないということでしょう。

大陸から単身アメリカに渡ってきた母に女手一つで育てられ、今では大学で教鞭を執る自立した女性に成長したレイチェル。

彼女が恋に落ちたニックはいつもボロボロの体育館でバスケをして、シェアしたデザートも多めに食べてしまう食いしんぼうだったはず。王子様が来るのを待っていたわけじゃないのに……。

突然の告白に、ファーストクラスに、高価なドレスや華やかなパーティーに。戸惑いながらも愛する人と一緒にいたいがために「異文化」に立ち向かおうとするレイチェルのがんばりは、シンデレラを夢見る女の子のそれよりかえってロマンティックで、応援せずにはいられません。

特に“Cant Help Falling In Love”が流れる結婚式のシーンは圧巻。

「この手をとってほしい
いっそ私の人生をすべて受けとって
どうしてもあなたを愛さずにはいられないから…」

秘めた決意にリンクするBGMと夢のような(そしてめちゃくちゃお金のかかってそうな)演出は、控えめに言っても映画史で長く語り継がれるウェディングシーンだと思います。

特殊な環境で生きる「クレイジーにリッチ」な人々にもそれぞれの生き方があって、クライマックスも従来のアメリカンなラブストーリーとは一味違う仕上がり。単なる焼き直しではないオリジナリティに溢れています。

月並みな言い方だけど、性格や「なんとなく」の居心地のよさが噛み合う人を見つけることこそが一番難しくて、パッと見や財産などはかたちがあるから注目されるのかもしれませんね。

ガラスの靴は落とす側でも落とされる側でもいいから、出会いは大切にしないといけないなーと思う真夜中なのでした。

TEXT/気絶ちゃん
SUPPORTED/U-NEXT

前後の連載記事