モテより大事なことがある!スクールカーストの呪縛から解放されて気づいたこと

一生のうちに一度でいいからモテてみたい! チヤホヤされて男を手玉に取ってみたい! そんなことを考えていた時期も私にはありました……。

そんなモテたい願望も一周して、今は「モテることは、そこまで意味がない」と悟るようになりました。今回はそのような考えに至った理由についてお話していきたいと思います。

モテたい願望にスクールカーストの呪縛

カップルが道を歩く画像caste

そもそもなぜモテたいのか。その理由は明確で、学生時代、スクールカースト上位のモテる人たちが輝いて見えたから。これに尽きます。

「あんなにかわいくて、かっこよくて人気者だったら、毎日幸せなんじゃないか?」と思っていたんですよね。

10代の頃、私はなかなか彼氏ができず悩んでいたんですが、一方でスクールカースト上位の人たちはあっさり彼氏彼女の関係になります。彼らはあっさり別れたりもしたのですが、別れるという経験ですら、うらやましいと思っていたのです。

モテる人と付き合ってみて知ったこと

そんなある日、私は逆ナンによって今の旦那と付き合うことになります。

彼は私と違ってモテまくってきた人です。高校生の頃は通学途中にラブレターを渡されたり、入院中にナースと付き合ったり、商店街で買い物をすれば、お店のお婆ちゃんですら「あら~、色男さん、いらっしゃい」と照れた顔で声をかけてくるのです。もはや息をしているだけでモテる。

「君はモテモテでいいなぁ~」と彼に言ったら、こんな返答が返ってきました。

「たしかに、女性から近づいてくれるし、彼女もすぐできる。でも、変に幻想を抱かれたり、めちゃくちゃ気を遣われたり、いつのまにか相手の方の不満が爆発して離れていってしまうことが多い。僕の何が悪かったのか直接言ってくれない人ばかりで、どう直していけばいいのかわからなくて、すごく悩んだ」

どうやら容姿に惹かれて集まってきた人は、勝手に幻想を抱いてしまうよう。しかも惚れた弱みゆえに、言いたいことが言えなくなるようです。

告白してきた人に振られるというのも、彼からしたら結構ショッキングな出来事だと思います。