Loading...

人によって「女っぽさを出す方法」は違う!大人のファッション問題

こんにちは、あと半年ちょいで27歳になるのが信じられないoyumiです。

私が最近悩んでいるのはファッションです。
ハタチ前後の服を買うのが楽しい頃、服を選ぶときも髪型を選ぶときも全部「かわいい!」だけで選んできました。ガチガチな古着や丸襟の白シャツ、ウエストがキュッとなって丈の長いワンピース、ぱっつんヘアー……

ところが23歳になったあたりに異変が起きる

oyumiイラスト

今まで気付かなかったのか、あるいは若いから怖いもんなしだったのか。どっちなのかはわからないけど、ある日突然違和感が舞い降りたのだ。
好きな服を思う存分着て楽しめるのはティーンの特権なのかもしれない。
大人になると、どんどん服装や髪型を選ぶようになっていく気がします。

だからこそ、どんどんオシャレになりたい気持ちが高まってゆく。
ダサいって思われたくない。

そんなことに関して、みなさんこれはこーですよあーではありませんいけません、なんて言っても「じゃあお前どうなの?」って思われちゃいます。正解なんてものは無いし。
なので、今回私の現在進行中で試行錯誤していることを並べて紹介していきます。

そもそも似合う似合わないの判断って?

ここを一番に悩んでいる人が多いのかもしれないので、はじめに書いておきます。
似合うか似合わないかの判断は、鏡を見たときの直感を100%信じて大丈夫です。

「ん?」「う〜ん」

一瞬でもこの違和感を覚えたならすぐ戻しましょう。服、戻しましょう。髪だったらすぐ腕のいい美容師をインスタで見つけましょう。この違和感が改善されることはほぼ無です。
私が言えることはこれだけです。

試行錯誤その1. 髪型問題

実は私、めちゃくちゃ憧れているアーティストの男性が何名かいるんですが、その人たちはワンレンボブなんです。

センター分けで耳が隠れるくらいの長さで、やや重め。この髪型との出会いは、マッチングアプリでした。映像をやってるたまたま出会った男の人がワンレンボブで、「こんな髪型が男で成り立つのか!!!」とものすごい衝撃を受けて、以来この髪型の男に目がなくなってしまいました。何を言っているのか意味がわからないかもしれませんが。

とにかく、ずっとショートで髪型に困っていたので、自分もワンレンにしようと思い頑張ってがんばって1年くらい伸ばしていたのです。つい最近まで。
が、ここで壁にあたります。

oyumiイラスト

悲しいことに、「好きだから似合うとは限らない」ということに気付いてしまったのでした。
ここで、憧れの人たちが似合っていて自分には似合わない原因について考えました。

oyumiイラスト

髪型を決めるのは、1に顔の形、2に顔の余白(おでことか)、3に目鼻立ち(主に目)だと私は考えています。
自分の場合は面長寄りの卵型で、おでこ広めで鼻は高いが目が奥二重で小さいです。童顔というよりは大人っぽいタイプです。

この「童顔 OR 大人っぽい」を別の言葉に変えると、「可愛い OR 格好いい」になります。
童顔で悩む人はかわいいと言われがちなので、だいたい前髪長め・前髪なしを好みますし、美容師さんからはそれを提案されることのほうが多いと思います。

私の場合、悩んでいることは顔が中性的で悪く言えば男っぽいところです。長所としては黒髪がよく似合うことですね。
そのため、こんな現象も起きます。

恋愛対象の性別をなぜか聞かれる

別に同性愛者に偏見は無いしみんな自由に恋愛して幸せになるべきだと思っている私ですけど、こんなことを聞かれるのは正直戸惑います。

ところがどっこいベリショだとそういうことは起きないのです。
結局今もまたベリショに逆戻り。でも、黒でベリショだとやっぱり“男の子”っぽくは見えるので(“男っぽい”ではない)、そこはカラーをいれることでほどよく中和させられます。私の場合は赤がお気に入り。

その人の顔や雰囲気によって女っぽさを出す方法が全然ちがうのです。ボーイッシュにしたい場合も同じかと思います。

とまあ、憧れの髪型があっても似合わないということもある、という話でした。

前後の連載記事