不倫男はデブにしよう

そのときに手っ取り早いのは「デブにする」です。恋愛市場においてデブの男は陰で笑われています。「デブのくせに色目使いやがってwwww」的になります。これは完全にデブ差別なので、本来はいいことではありませんが、その男が不倫をしているのであれば、話は別です。このコンプレックスを最大限利用して改心させるべき。

今まで生きていて本当に不思議なのが、「なんで女性ってこんなに律儀なの?」と思うことです。男は基本的には「射精してぇ~!」みたいなことばかり考えており、バレなければとにかく色々な女性とエロをしたいと考える。しかし、女性からは「私はあなたが好きだから別の男はどうでもいい」といった態度を取られたことが本当に多かったです。

そこにはうしろめたさを感じるわけで、何回かの「つまみ食い」的な行為をした後に男は「やっぱりオレにはお前しかいない」と思うもの。この状況にいかに作るかが大事です。仮に彼がデブになっても好きであったとしても、5ちゃんねるやツイッターでデブの悪口を言っている女性のコメントを収集し、彼にそれらをまとめて送ってあげましょう。

いやぁ~、本当にデブ男への罵詈雑言、凄まじいっすよ……。これを見たら「オレはなんでスケコマシぶっていたのだ……。オレのことを一番大切にしてくれている人を粗雑に扱っていたのか……」と後悔することでしょう。

そのうえで、「あのね、アンタみたいなデブ、浮気してるの笑われてるよ。みっともないからやめなさい。そんなアンタを擁護するのは私だけなのよ」と言う。そして、改心した場合はダイエットをさせてかつての彼の体型を戻させる。

あくまでも「別れられない」「愛情がそれでもある」といった場合の極端な場合の対処法ですが、正直浮気男はさっさと捨てていいと思いますよ。そいつ、どうせまたやりますもん。そんな男、さっさとインポになればいいんですよ。ただ、いくばくかの慰謝料は貰った方がいいです。だからまずは弁護士の知り合いを作りましょう。

前後の連載記事