死ぬまでには観ておきたい映画のこと

「君は僕が守る。ハエだけど。」前代未聞のラブストーリー『マッキー』

 生まれ変わったら何になりたいですか?ネコ、イヌ、イルカなど、可愛い動物を挙げるとキリがありません。
たとえば自分でなくても、秘かに思い続けていたあの人が死んだら、風に生まれ変わって私の髪を揺らしてほしい。星になって、夜空から私を見つめ続けてほしい。
でもそんなロマンチック、この映画には皆無です。ただのハエですからね!

 愛する人が生まれ変わったのは、ハエ。終始プ~~ンと鳴っている恋愛映画なんて観たことない。しかし、これが傑作なんだから恐ろしい。
ときめきと笑いと迫力に満ちた、ぶっ飛び映画量産国インド発・前代未聞のミュージカル×アクション×ラブストーリーです。

オマッキー 映画 ハエ インド ラブストーリー S・S・ラージャマウリ ナーニ スディープ サマンサ アンプラグド たけうちんぐ
©2012 Varahi Chalana Chitram. All rights reserved.

 ハエが主人公という映画史上最大の賭けに挑んだのは、インドのテルグ映画界のヒットメーカー、S・S・ラージャマウリ。彼の父親の「ハエが人間に復讐をする話はどうだ」というジョークから映画の発想を得て、現実化してしまいました。
こんな冗談みたいな映画に出演するのは、カンナダ映画界ではトップ5に入る人気俳優・スディープ。チョイ悪イケメンの彼が真剣にハエに悩まされる姿には笑いが止まらない。
彼がオトそうと企んでいる美女をサマンサ・ルス・プラブ、彼女を想い続ける青年をナーニが演じ、まさかの人間×ハエのラブストーリーが誕生しました。


ストーリー

 建設会社の社長・スディープ(スディープ)は、気に入らない奴は殺し、気に入った女は必ずオトす。そんな彼のもとに、美女・ビンドゥ(サマンサ・ルス・プラブ)がやってくる。慈善活動を行なうNGOメンバーの彼女は寄付を募ろうとするが、彼の耳にはビンドゥの話は一切入っていない。彼が考えているのは「この女をどうやってオトそうか」だけ。
ビンドゥを想い続ける青年・ジャニ(ナーニ)は、今日も彼女に好意をアピールし続けていた。興味をそそられないフリをするビンドゥだが、実は秘かにジャニを想っている。それを知ったスディープは、ビンドゥに近づくために、ジャニを殺害する。 死んだジャニは生まれ変わる。その姿はなんと、ハエ!
愛するビンドゥを魔の手から救うため、ハエになったジャニの壮絶な復讐劇が始まる――。