死ぬまでには観ておきたい映画のこと

運命の人はいつ、どんなときも同じ人『3人のアンヌ』

 人生は一度きり。運命的な恋なんて一回きりどころか、やって来ない場合もある。
それだと困る。できるなら何度も恋を楽しみたい。運命の人と何度も出会いたい。
一人分の恋なんて、たかが知れている。二人分、三人分、出会いを体験できたらどれほど素晴らしいのだろう。
それを叶えてくれるのが、この映画。
ホン・サンスの描くパラレルワールドが、一人の女性のちょっとした恋バナを三倍に盛ってくれるのです。

3人のアンヌ ホン・サンス イザベル・ユペール ユ・ジュンサン チョン・ユミ ユン・ヨジュン ムン・ソリ ビターズ・エンド

 ジャン=リュック・ゴダール、マイケル・チミノ、ミヒャエル・ハネケといったあらゆる名監督の映画に華を飾ってきた、フランスの演技派女優イザベル・ユペール。彼女が一人三役をこなす贅沢なラブストーリーを体験できるのは、この映画だけ。

 三人の“アンヌ”がそれぞれ一人の男と出会っていく。
この斬新なストーリーを描くのは韓国の鬼才ホン・サンス監督です。
世界的に評価される彼の演出力が細部にまで行き届き、どこにでもある些細な恋愛をタダ事ではないラブストーリーに仕立てあげています。