Loading...

愛しているからあなたも愛して!危険すぎる“くれくれ”思考

私のこと、大切だと思ってる?

 好きな人に大事にされたい。1番大事にされて、誰よりも優先されたい。 だからこそ、
「忙しくてもメールは返せるでしょ!」
「好きなら時間を作ってよ」
「記念日くらい、ちゃんとしてよ」
といった要望を抱き、そして当然の権利だと思い込んでしまいがちです。

 かくいう私もずっとそうだと思っていたし、だから彼とか親とか大事な人に“大事”な扱いをされないと、そのつど怒り、悲しみ、そして当人にぶつけたり、ひどく落ち込んだりしていました。

 でも最近、些細なことがキッカケで、「大事に思っているなら評価してよ」という感情には危うさが潜んでいると思うことがありました。

ダーツデートに連れていきたがる年上男性の画像 おおしまりえ

「大事にされなかった」というモヤモヤの正体

 それは父親とのやり取りの際に気づいたのでした。
幼少からパパっ子だった私は、現在仕事の業界が近いということもあり、頻繁に仕事や私生活の話をしあう仲で、なんなら三人姉妹の次女である自分が、父親から1番頼られている、すなわち大事にされているという、恥ずかしい勘違いと自惚れがありました。
そんな私がある日、一人で本家のお墓参りに行くことになったとき、モヤっとする事件が起きたのです。

 お墓参りのキッカケは、お盆に顔を見せに行けなかったからという私個人の動機だったのですが、なんとなく「お墓参りに行くよ!」と父親に報告すると、「ありがとう」と褒められると思い込んでいました。
しかし返ってきたのは「ご先祖様に、妹の就活祈願を頼みます」という一言。反射的に「え? 私じゃなくて、妹? なんで私に対してご苦労様とか、ありがとうとか言ってくれてないわけ?」と、カチーンときてしまったのでした。

「そもそも本人(妹)が自分でお墓参りに行けよ…」と、妹にまで怒りを抱いたのですが、反射的に抱いたムカムカを振り返ってみると、「大事な人が喜ぶことをしたのに、大事にされなかった」という個人的な押し付けの気持ちに気づいたのです。
それはつまり、“好きな人には、尽くした分だけ大事にされるべき”という思い込みがあるのかもしれないと思ったのでした。