これは恋なの?愛なの?ドキドキしなくなった彼との結婚はあり?/ものすごい愛

倦怠期のカップルのモノクロ画像by Pixabay

クリスマスも近くなり、彼氏におねだりするプレゼントであれこれ悩んでいる優柔不断なAM読者のみなさま、ごきげんよう。
「年末年始の特番を録画したいから今年のクリスマスプレゼントはブルーレイレコーダーを買ってね」と図々しくも既に夫に伝えております、ものすごい愛です。

日々の平穏のため、わたしたち夫婦の間に“サプライズ”という言葉は存在しないんですよね。
かつて4℃のアクセサリー問題で揉めたカップルのみなさまには、サプライズを淘汰した“欲しいものは自己申告制”をオススメします。

前回の記事では、既婚の彼氏との関係に悩む絶賛不倫中の女性からの相談でした。
偶然にも公開日が11月22日の“いい夫婦の日”となり、同じ境遇で悩んでいる人たちにわたしのボディーブローがじわじわと効く結果になりました。
何度も申し上げているように、不倫の是非について言いたいことは何もありません。
しかし、この記事を読んで自分で自分を幸せにしてあげられる恋愛ができる人が増えるといいなぁと、心から願っております。

ドキドキしなくなったら結婚できない?

カップルでもご夫婦でもお付き合いが長くなれば、恋愛当初のドキドキは消え、俗に言う恋から愛への移行があると思うのですが、その移行をどうやって受け入れているのでしょうか?

私はどうしても自分を誤魔化し妥協している様な気持ちになってしまい(そしてそれが相手にも失礼なことと感じて)、一年半以上のお付き合いができません。
結婚願望はあるのですが、現在あまり男性がいない環境にいて、そして私自身が人を好きになることが少なく、年齢的にまだ若いですが、このままいつまでも1人だったらどうしようと思うと悲しくなってしまいます。

ものすごい愛さんの場合でも、周りの方の場合も良いので、みなさんどう乗り越えていくのか教えていただきたいです(23歳・女性)。

恋と愛はたしかに全くの別物かもしれないけれど、それって明確に区別する必要あるのかな~~~?!
恋とか愛とかってとても抽象的なもので、それを言葉にしてまとめるとしたらどうしても大衆が納得する大枠な表現になってしまうのではないかと思います。
おそらく、多くの人たちが「恋=理想を求め、相手の一挙一動に心を動かされて常にドキドキが止まらないもの」、「愛=理想を妥協し、ドキドキがなくなって安心感に包まれているもの」といった印象をお持ちでしょう。
でも、これがあなたの不安を煽っているとお見受けしました。