4. アナルセックスにしか興味がない謎の介護士

AVだけの世界だと思っていた。それ以上でもそれ以下でもなく、本当にアナルセックス以外は求めてこなかった謎の介護士の女性がいた……という話。

このエピソードをくれた男性は、当然断ったようですが、彼女の性癖は生まれ持ったものなのか? 誰かによって開発されたのか? 己自身で目覚めたのか?……
何より「介護士」に物語性を感じます。事件性も匂います。5ちゃんねるでこんなスレたたった日には、>>2が「なんかここ臭くね?」と即レスが来そうです。

やばい女はいる。思い返せば心当たりも…

oyumi漫画

今回エピソードを募集した中で目立ったのは「奢ってもらえると思ってる女」でした。 奢る奢らない・お金を出す出さない問題は、定期的にTwitterで炎上しますからね。そりゃあ多いでしょうね。
私も初対面の人と割り勘になったときは、アラお気に召さなかったのね……とちょっとしょぼくれますし。

そんな私は彼氏が欲しくてマッチングアプリに手を出してから早2年が経ちましたが、未だ独り身。
イケるぞ! と思った相手にはTwitterがバレて、付き合ってもないのに惚気ツイートばかりしていたことによってあっさりブロックされてしまった……なんてこともありました。(2回も)

マッチした男性と喫茶店でお茶を飲んでいたとき。彼がとなりの女子会をしてる席をチラリと見たあと、
「女の人って恋愛の話をするときになると、上から目線で男を語ったり評価したりするよね。なんかやだなあ」
と呟いて、グサグサと背中を刺されるような痛みを感じました。確かに、なんで自分が主導権を握ったつもりになって語れるんだろう。

他にも、一度会って楽しかった男の人にまた連絡したらマッチ解除されてしまったり……アーそういえばそういえばと心当たりを探ると意外とボロボロ見つかったりしました。

私って、相手からするとやばい女だったんだろうなぁなんてことをふと思ったのです。
「もしかして、見た目を気にして磨くよりも先に、自分の性格や日頃の行いを正すほうが先なのでは?」
そう気付くのに5年はかかりました。

この記事を読んだ人の中でも、同じように気付けた人がいたら幸いです。
より良いマッチングライフを送りましょう!

Text/oyumi

次回は<Tinderで待ち合わせて2秒で帰りたくなる相手とマッチングしない見分け方>です。
みなさんTinderしてますか?メッセージで盛り上がって実際に会ってみたはいいものの、まったく気が合わない!そんな事態を避けるために、プロフィールとメッセージでチェックすべきポイントをご紹介します。

前後の連載記事