恋愛に集中できて、思いっきり感情的になれる場所

思いっきり偏見なのだけど、男性は女性より「(外見・スペックだけじゃなく)中身をきちんと見てほしい」と思う割合が高い気がする。もちろん女性にもある思いだけど、女性は「外見・スペック込でわたし」、男性は「中身だけが自分。外見・スペックは付属物」と思っているというか。
だけど社会人になって、第一印象より深い「中身」を恋人候補に見せられる機会、職場を除くとめちゃめちゃ少なくないですか?

テラスハウスのもうひとつの良いところは、相手がある程度限定されているところだ。 人間は無限に選択肢があると、選ぶのが難しくなるらしい。だから、選択肢はあえて数個に絞ったほうが、最終的には満足度も高くなるそうだ。
これって、ほぼ無限に出会えるマッチングアプリと数名に絞られるテラスハウスの対比に少し似ている。

テラスハウスのメンバーはよく泣く。あと頻繁に感動し、ことあるごとに「テラスハウスに来てよかった」と言う。視聴者からすると、若干嘘っぽかったり大げさに見えたり、時には無様にさえ映る。
でも、恋愛って本来ああいうものなのかもしれない。恋愛に集中できて、思いっきり感情できる場所。わたしを含めた多くの人に、今はそういう舞台がない。

最後に今回、軽井沢編のMVPは間違いなく優衣ちゃんだと思った。彼女のおかげで後半本当に面白かった。休日課長のことは普通に好きになりました。DADARAY聴いてます。あと川谷絵音さんのモテる理由が超わかったのでそこも良かった。 次の東京シーズンも楽しみ!

Text/白井瑶

前後の連載記事