セフレからの“彼女の座”を捨て留学へ…見た目とギャップがすごい26歳女子の実情

忘年会シーズンの錦糸町の華金。なかなかナンパが成功せずぶるぶる震え出したところで出会ったのは、容姿、所作、話し方……いい女オーラを360°巻き散らかすゆかさん26歳。3年間同棲中の最愛の彼と離れ語学留学で海外へ行くという人生の過渡期真っ只中に立つ大人であり若者である26歳女子の実情とは。

poiboy
©Poiboy

 街中で声をかけ、一緒に飲んでもらうこの企画。前回の中目黒とは打って変わって“次は泥臭い街に行きたい”の合言葉のもと向かったのは、年末の錦糸町。

  いつもどおり道行く女性2人組に声をかけていくも…「客引きにはついていかないでください」のアナウンスが繰りかえされる悪環境では拒否られる拒否られる。血の気を失うほどの寒さで判断力も低下し、「いっそ男でもいいか…」と乱心しはじめた頃、ほろ酔いの20代美女2人組が救ってくれました!

ゆかちゃん、26歳留学準備中の場合

poiboy
©Poiboy

 「かわいそうだねー」とガタガタ震える私たちの背中をさすってくれる、女神のようなゆかちゃん。
長い髪を流し、少しななめに体をよじって細いタバコを吸う。年齢よりはるかに大人びた、まさに「セクシー姉さん」といった感じ。
なんと素敵な方に出会ったのだろう、と大きな気持ちで宴ははじまった。

「え、話聞きたいの?…やだ、おしえなーい。私の過去の話は高いよー」

 そんな大人ジョークに「またまたー」なんてツッコミを入れながら、ドラマチックな恋愛遍歴を期待したものの…
ゆか姉さん(年下だけど)は、宣言通りなかなか教えてくれようとはしなかった。
「え聞きたい? おしえなーい」のやり取りは何十回にも及び、1人でどんどんお酒を進めてしまう。さすがだ姉さん、この初対面同士の飲み会でも、他人に合わせる素振りはちっともない。

「不倫なんかしたって幸せにはなれないんだよ、するだけ無駄無駄!」

 おお、少し意見を言ってくれた、と思った数分後には、

「恋愛なんて色々だし、不倫も別にいいんじゃない?」

 と妖艶に微笑む。もう、信じられないくらい言うことがコロコロ変わる。発言に一貫性がないのが人間かもしれないが、にしても変わりすぎですから!

「じゃあ、今まで出会った男の中で、一番影響受けた3人をあげるとしたらどんな人?」なんて質問をしてみた。ゆかちゃんは、わざとらしいほどに妖艶な感じでつぶやいた。

「え、1も2も3も、今の彼氏かなあ…」

 なんだそれ!! かわええええ!! 全身からただよう遊び人オーラとあまりにも違う発言がにわかに信じられず、次の言葉を待った。

セフレ扱いから手に入れた将来有望な最愛の彼氏

「彼氏は5つ年上の31歳で、3年同棲してる。それで彼氏は来年、区議会選に立候補すんだよね」

 区議会選! 立候補! 政治家になる人かい!
そういう男性はやはりこういうイイ女にいくのかねえ、としみじみゆか姉さんを観察してしまう。しかし、どうやら事実はちょっと違うらしい。はじまりは、ゆか姉さんの猛烈な一目ぼれだった。

「数年前、友だちの紹介で知り合った人。もう、完全にタイプで、なにもかもタイプでホントかっこいいの!」

 そんなドタイプを誘い飲みにいき、これまたゆか姉さんから誘ってワンナイトにこぎつけた。

「ヤッたからもう彼女じゃ~んって思ってベッドで腕組んだら、“やめて”って言われて。向こうは、ヤッたからってそういうつもりじゃなかったらしい。もうすごい衝撃だよね」

 は…!? 聞き手の3人で顔を見合わせる。
“ヤッたからもう彼女じゃ~ん…?”どこのウブな子のセリフだ!
そんな幸せな勘違いをする姉さんの意外なピュアさに、私たちの戸惑いは止まらない。

「そこから1年間尽くしまくったよね。呼ばれたら仕事とか関係なく何時でもどこでも行ったし、連絡もいつでも全力で返した」

  それ、ものすごい都合のいい女じゃん…。しかも1年間も、好きな男性のセフレであり続けるなんて想像するだけで辛いと、聞き手たちは身ぶるいする。そして、興味津々にその後の展開を聞いた。「そんな都合のいい女状態から、どうやって彼女になれたのか」と。

「セフレの状態から、向こうの家に転がり込んで同棲はじめちゃったからね。それからの、今でーす。ホントかっこいいでーーす」

 そう言ってまたタバコに火を付け、髪を片手でかきあげる。
まったくもって、アバズレ感とピュアさの共存具合がすごい。

「まあでも、私は留学に行くしね。その間待っててとも言わないし、彼氏も待ってるとも言わないし、男女の仲はどうなるかなんてわかんないわけですよ…」

 そう、ゆか姉さん26歳は、あと数週間で留学に行く。そんな、人生の過渡期だった。
≫断言できる恋をしよう≪