「好きな人と結婚したい」全然無理してない47歳キャリアウーマンの潔い結婚観

中目黒で出会って初めましてで7時間弱べろべろに酔っ払いながら恋と人生について語ってくれたハナちゃんに続いて自身の恋愛を語ってくれたのは広告代理店勤務の真由子さん。精力的に動く日々とは裏腹の恋愛に関して嘘偽りなく語って頂きました。

poiboy
©Poiboy

 中目黒で出会ったのは、パワフルな人妻ハナちゃんと、「初めましての恋バナ図鑑」6人目となる真由子さん。彼女は自分のことをなかなか話してくれないという、今までにないタイプの方だった……。
質問を投げかけても「特にないよーそらみちゃんは?」と返されてしまう。
それでも話を聞きたくて、7時間弱飲み続けた。

真由子さん、47歳独身キャリアウーマンの場合

poiboy
馬肉を食べ過ぎて予算オーバーしました。©Poiboy

 広告代理店に勤め、バリバリと働いている真由子さん。新宿2丁目でよく飲み、広い交友関係で色んな集いに顔を出している。
とは言いつつ、そんな精力的な毎日の様子を知れたのは会も終盤。
なかなか口を開いてくれない真由子さんに、まずは若い頃の話を聞いてみた。

「10代の頃は何も考えてなかったし、夢とかもなかった。もう全然普通で、特にないよー

「絶対もっとなんかあるはず!」としつこい私たちの攻撃に、ほんの少しだけ話してくれた恋愛があった。何度も何度も私たちの話を挟みながら、少しずつ話してくれた。

好きすぎて一線を越えられなかった人

 19歳から28歳まで、真由子さんは友人に片思いをしていた。2人でたくさん遊んだりもしていたし、手だって繋いだこともある。

「一回帰れなくなってホテルに泊まったことがあったの。その時にやる? みたいな感じになったんだけど、私が“ごめん”って断っちゃった」

 好きすぎるあまり考えすぎちゃっての“ごめん”。なのに、真由子さんの“ごめん”の意味はきっと相手には届いていない。

「多分人生で一番好きで、今でもずっと引きずってる。もし今、彼が独身だったらいくのになあ……」

 共通の知り合いに連絡先聞こうよ! と鼻息荒くしてみても、「うーん」とハニカミ笑顔を見せる真由子さん。 あ、やっと分かってきた。この方は、ものすごくピュアなんだ。

10年付き合って別れた、家柄のいい男

 9年の片思いは、彼の転勤で距離ができたのをきっかけに疎遠となり終わった。その人のことを思い続けて20代は過ぎ、30歳になり彼氏を作った。その彼氏とは、10年も付き合うことになる。
40歳まで付き合ったのに、なぜ別れることになったのだろうか。

「彼は家柄がすごい人だったから、そういう“お家を継いでいく”とかは違うなあって思って、別れた」

 この人しかいない! そんな風に思えていたら、どんな家にでも嫁いで嫁業をやったかもしれない。でも、彼にそこまでの思いを抱けなかった。
「あの時結婚しとけば良かったって思うことない?」の問いに、

「まったくなーい! ただ、彼には本当に“ありがとう”って感じ」

 とだけ答え、真由子さんはすぐほかの人に話をふった。 なかなか言葉を連ねてくれない歯がゆさで、私・舘そらみは、真由子さんの感情にもっと触れたくなっていた。特に、結婚への思いについて聞きたかった。

 アラサーの私ですら、未婚であることを痛感する瞬間は毎日のようにあるし、この先結婚をする人生なのかどうかよく考える。
真由子さんは、47歳。“淋しい”なのか“超楽しい”なのか分からないが、独身でい続ける思いを聞きたかった。なのに本当に話してくれない。半ばムキになりながら、質問を重ねた。

≫好きすぎるくらいの恋をしよう≪