• love
  • 2017.11.21

別れないのは自分が悪者になりたくないから?生きてる時間は愛するために使おう

「何年も付き合っているから」「今わざわざ別れるほどじゃないから」惰性で恋人との交際を続けてはいませんか?ダラダラするだけならまだしも、他にときめける相手や好きな人がいるのに相手への情から交際しつづけるのは時間のムダ!きっぱりとけじめをつけて、本当に愛するべき人のために時間を有効に使いましょう。

肉乃小路ニクヨのニューレディー入門

 私はくっつけババアとしての才能も結構あるんですが、
実は別れさせババアの才能もあります。
先日、仲の良い友達だという二人の男女がお店に来ました。
外見も似合っているし、話も趣味も考え方も合うし、
お互いに好きそうだからこの二人がくっつけばいいのにと思いましたが、
付き合っていない理由はお互いに恋人がいるからとのことでした。

 更に詳しく話を聞くと、
二人とも今の相手とは気持ちは冷めているけど
義務感から付き合っているようでした。
一方は自分が声をかけて始めた恋愛だから、
もう一方は自分の考えを認めてくれないけど、特に別れる理由も無いから
とのことでした。
私は気が付いてしまいました。
この二人はお互いに自分が悪者になりたく無いだけなのです。

時間泥棒

 私は同情で相手と付き合うのは失礼だし、
相手の時間を泥棒していることになると伝えました。
相手と付き合ってあげているというのは優しさのように思えますが、
その優しさはただ別れを先延ばしにしているだけです。
その時間でお互いにもっと良い相手が見つかるかもしれません。

 相手の立場にも立ってみてください。
恋人から義務感で付き合われているのはどういう気持ちですか?
プライドが高いと言われるかもしれませんが、
私だったらそんな付き合いはゴメンです。
加藤登紀子さんの「難破船」という歌ではありませんが、
「みじめな恋つづけるより 別れの苦しさえらぶわ」
という気持ちです。
惨めったらしい時間を過ごす自由もあるとは思うので、
それで良い人は良いと思いますが、だったら私は一人で生きていきたいです。

限られた時間をどう使うか

 考えてみてください、この世界には愛すべきものが沢山あるのです。
人間だって70億人以上いて、
先人が残してくれた作品や同時代の人の作品も数え切れないほどあって、
そういった人の関係するものだけでなく、花鳥風月、愛でる価値のあるものは
沢山あります。

 綺麗事と言われるかもしれませんが、
私は、生まれたからには出来るだけ沢山愛することに時間を使いたいです。
もしかしたらそれは両親が世間体を気にして
気持ちが離れているのに離婚をせずにいたのを見てきたからかもしれません。
私はずっとお互いの悪口や批判を聞かされて育ちました。
思い出すと子供として、それはあまり気分の良いものではなかったです。

 両親が揃っていたからしてもらえたことも沢山あるので、
両親には感謝の気持ちでいっぱいです。
時代背景もありますし、変わった形だったけど、
子供達への愛ゆえのことだったのかもしれないことも気付いていました。
でもいつも他の可能性が無かったのかを考えていました。

 同じ生きるなら、同情や世間体で付き合ったり、付き合われたりするのではなく
お互い愛し合っている相手と付き合いたい。
限られた一生の中で、自分がそれを追求する自由があるのと同じく、
相手にも同じものを追求する自由があるのです。
子供としてもできれば親のそういう背中を見たかったなと思っていました。

 くされ縁だなんて言って付き合っている人もいるけど、
それは自分の時間も相手の時間も
大事にしていない
ように私は思ってしまいます。
そうして私は気持ちの離れたカップルに別れを勧めてしまいます。
私ってヒドいオンナなのかしら。ふふふ。

Text/肉乃小路ニクヨ


次回は<人生には模範解答がない・・・ということは転んでもすぐ起き上がれる!>です。
学生の間は模範解答が与えられて、とにかく「正解」にたどり着けばいいとされていました。しかし、大人になった私たちに模範解答はありません。多様性が重視される時代だからこそ、「正解」はいくらでもあるのです。嫌だなと思う他人の考えも「正解」の一つ。自分も好きな人も幸せにできる「正解」を探してみませんか。

ライタープロフィール

肉乃小路ニクヨ
東京の片隅でひっそり生き続けるちょっぴりしょっぱくてサワーなニューレディー。オーバー40歳、崖っぷち女装
今月の特集

AMのこぼれ話