Loading...

セクシー女優・上原亜衣さん登場!キスは目を開けたままの方が男性の興奮度UP

 人気セクシー女優の上原亜衣さんに気になる恋やセックスのことをインタビューしました!
テレビ東京のバラエティ番組『ゴッドタン』人気企画「キス我慢選手権」の映画化第二弾のヒロインをつとめた上原さん。劇団ひとりさんのかっこよさや、現場の裏話など、笑顔で語ってくださいました。

キス我慢選手権舞台裏

上原亜衣 ゴッドタン 恋愛 インタビュー AM 上原亜衣/写真:AM編集部

─最初はキス我慢選手権についてお話をいろいろ伺えたらと思います。
キス我慢選手権のヒロインは、みひろさんを始め人気女優さんが務めてらっしゃったと思うんですが、選ばれた時の心境はいかがでしたか?

上原亜衣さん(以下、敬称略):最初は映画だと知らず、テレビだと思っていました。マネージャーに「オーディション受かったよ」と言われて、すごく嬉しいーってなったんですけど、台本がとても分厚かったので、「こんなにセリフあるの?」って、驚きました(笑)。
出演者さんもすごかったので、そこで映画だとやっとわかりました。マネージャーさんもそこで知ったらしくて(笑)。
映画だと知ってからは嬉しい気持ちももちろんありましたが、不安のほうが大きくなりました。セリフもすごいあるし、劇団ひとりさんもアドリブで返してくるからどうしよう、と。

─劇団ひとりさんのアドリブによってストーリーが変わっていくということで、スタートするまでの準備も大変そうですよね。

上原:そうですね。劇団ひとりさんの代役を立てて1~2週間くらい前からリハーサルを始めて、当日も劇団ひとりさんが入るまでリハーサルをしてから本番、という形でした。
カメラさんもカメラワークとか位置とか入念にリハーサルして、他の出演者の方もリハーサルして、本番、また次のリハーサルをして、本番…と、いっぱいリハーサルしました(笑)。

─本番とリハーサルとでは、劇団ひとりさんの動きなんかももちろん違うと思うのですが、予想外の動きにビックリして笑いそうになったりしませんでしたか?

上原:私が登場するシーンは笑いそうになるところはあまりなくて。
逆に劇団ひとりさんがすごい格好良くてキュンキュンしていました。
舞台も学校だったので、プールのシーンとかは青春って感じですごい格好良くて。

─確かにとても青春感じました!素敵なシーンでしたね。

上原:ね!実は青春ストーリーなところもあります。

─ほかに印象に残ったシーンとかありますか?

上原:やっぱり最後のシーンが、あまりにも予想外のポイントだったので、私の中で「失敗しちゃってごめんなさい」という感情しかなかったので、そこが印象に残っています。
だから「違う違う!」って顔になって、一歩後ろに下がっちゃっているのがよくわかると思うので注目して見て欲しいです(笑)。

前後の連載記事