Loading...

「毒親話を打ち明けたら、彼からまさかの言葉が」トラウマ克服女子の婚活成功記②

海でキスをするウェディングドレス姿のカップルの画像

 効率的な婚活で最高のパートナーに出会ったSさん(25歳、IT企業勤務)
彼女には一番の親友にも話せなかった、家族のトラウマがあったのでした。

父のDV、母の宗教

うちの父は怒鳴る・殴る・物を壊すのモラハラDV男で、私が学校でイジメられてた時も「イジメられるのはお前が悪い!」と責められて。それを見て見ぬフリする母は、姉と弟だけ可愛がって、私のことは無視してました。もともと母は宗教にのめりこんで、あまり家にいなかったんですけど。

Sさんも宗教に付き合わされたの?

はい、3歳の時に入信させられて、宗教の集まりに行かされてました。母に愛されたくて活動に励んだ時期もあったけど、母は振り向いてくれなくて。母に褒められたくて勉強もがんばって、私は一番成績が良かったけど、全然勉強しない姉や弟の方がはるかに愛されてました。

なるほど…お母さんは、姉や弟の方がコントロールできると思ったのかもね。

そうですね、私が母に意見を言うと「あんたは理屈っぽい、短気だ」といつも怒られて。私が思い通りにならないのがイヤだったんだと思います。

母親の思い通りにならなかったからこそ、今のSさんがいるんだろうね。

私はどうしても宗教の考えになじめなくて…たとえば「女は夫に尽くす良妻賢母であれ」という教えなんですが「母は父にこき使われて、子どもの前でいつも父の愚痴を言って、全然幸せそうじゃない」「自分は絶対、母みたいになりたくない」と思って。
高校時代、耐えられなくて鬱になりかけて、16の時に家出して祖父と暮らしてました。

大変だったねえ、でも家出してよかったねえ。私も18の時に家を出て親と絶縁したんだけど、あのまま母と暮らしていたら、母か自分を殺していたと思う。

私は10代の時、アルさんの携帯コラムのお陰で自殺を思いとどまったんですよ。アルさんが「親は選べないけど伴侶は選べる、自分の手で新しい家族を作れる」と書いていて、私も伴侶を見つけよう、それまで生き延びようって。

ありがてえなあ…。

命の恩人だと思っていたので、イベントで会えて号泣したんです(笑)

前後の連載記事