人生って日常って、こんなに楽しんでいいものなんだ!という発見

 翌日、デリで買い物してもレジのお姉さんの挨拶が分からず返せなくて変な顔をされたり、ゴリラみたいに凶暴そうなガードマンにエンパイヤーステートビルの場所を聞いても何を言っているか全然わからなかったり、完全に道に迷って道端で途方にくれたり…。
本当に人生最大の冒険でした。

 歩きに歩いて翌日には強烈な筋肉痛を感じました。
でも、歩けば歩く程どんどん町並みが変わるマンハッタンは全く飽きず、スーパーに入っても日本と何もかもが違う商品が面白くていちいちチェックしてまわりました。

 そして、マンハッタンの中心にあるスーパーで、私は一人稲妻に打たれるような衝撃を受ける事になったのです。

 そのスーパーで、イヤホンで音楽を聞きながら巨大なお尻をフリフリさせてご機嫌の鼻歌で買い物している女性を見たのです。
20年間生きてきてスーパーでこんなに楽しそうに買い物している人を初めて見たのです。

「スーパーで買い物しながら歌っていいんだ!」
「そうか、人生って日常って、こんなに楽しんでいいものなんだ!!!」

 飛行機に長い事乗って 異国に来ると、こうも日常が違うという発見です。

 日本では絶対に見られない光景、でもNYではこれが当たり前らしい。
だったら、断然NYに住んだ方が自分も楽しいに決まってる!

 このたった数日の旅を終え、日本行きの飛行機に乗った時、邦楽なんて! 邦画なんて!と、聴く音楽も見る映画も全て洋物に変わりました。

 あんなに英語が話せなくて困ったくせに、とたんに自分が英語も話せる大きな人間になった気すらしていました。完全にアメリカかぶれというやつです。

 そして、心に決めました。いつかまたあの街に戻って生活してみたい。

 その思いをずっと秘めつつ、上京し就職し、その数年後にNYに舞い戻ってくる事になったのです。

Text/中村綾花

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

前後の連載記事