続・貧乏なのに幸せなパリジャンライフ

1000円で飲んで遊べるパリ飲みとは?

世界婚活 中村綾花 フランス 結婚 幸せ 結婚したい女
by katesheets

 先週の「貧乏なのに幸せなパリジャンライフ」の続きをお話したいと思います。
先週末のパリは長く続いた冬から一気に夏天気になり、パリの公園が芝生が見えなくなるほどパリジャンで埋め尽くされてしまいました。

 遊びが少ないパリでは、太陽が出たら、とりあえずチーズ、ワイン、バゲットを持ち出して川べり、公園、橋の上といたるところでピクニックをスタートします。
ワインは5ユーロも出せばいくらでも選べますし、チーズとバゲットを買い足しても1000円で十分ピクニックはできます。

 日本の居酒屋で飲むといったら軽く3000円は越えてしまうことを考えるとかなり安上がりです。
前回日本に戻ったときは忘年会シーズンだったため、一回の飲み会で参加費5000円と言われ「あぁ、パリだったら一週間はこれで生きていけるのに…」と心で泣きながら断腸の思いで支払ったのを覚えています。

 食べて飲んでおしゃべりを楽しむだけでなく、お酒片手に「ペタンク」というゲートボールのステッキなしヴァージョンのようなスポーツを楽しむパリジャンたち。
鉄の固まりボールを投げて点数を稼ぐ、恐ろしくシンプルなゲームに私は10分で飽きてしまいますが、これを延々と楽しくやっています。なんとも平和です。

 私はレストランで食事をするのはデートや記念日、ちょっとした理由があるときだけ、基本的には自炊がほとんどです。週に2回近所に立つマルシェでトマトは1キロ200円くらいから買え、野菜と果物は日本のスーパーより安くて美味しいと思うほどです。
とはいえ自炊も毎日は大変なので、パリ中にある人気冷凍食品チェーン店で買ったグラタン(2人分で400円くらい)をチンすることもしばしば。これがまた美味しいんです。
冷凍食品ではちとわびしい食事かなと思いきや、日本で見たテレビ番組で(黒木瞳さんが世界の食卓を紹介するというもの)パリの一般家庭の食卓が紹介されていて、我が家と全く同じく冷凍グラタンを子供含めた家族4人で分け合っていたので、やっぱりほかのパリジャンたちも似たような食生活のようです。