AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式

女性が40年間で得たもの!70年代のフランスでは女一人で○○もできなかった

日々フランスに暮らしていて気づく、フランスと日本の大きな違いとは?今回は、「女性側の意識」と「社会制度」についてAMパリ支局から中村綾花さんがお届けします。

70年代はフランスの女性が○○できなかった

世界婚活 中村綾花 フランス 結婚 幸せ 結婚したい女
CJS*64 A man with a camera


 いまから1年くらい前のことでしょうか。近所のスーパーで買い物していたら、60代くらいのマダムを見かけました。
もちろんそれくらいの年代のお客は珍しくないわけですが、彼女のファッションがさりげなく素敵だったので、つい見入ってしまったのです。

 白髪がほとんどのグレーな髪をさっとまとめ、パリらしい黒でまとめた服装。「ちょっとスーパーまで買い物に」って風な、なんてことない普段着なのだけれど彼女にとても似合っていました。
一番私の目を引いたのは彼女の靴だったのです。
これも新品ではない履き古した白いアディダスのスニーカー。かかとの方に緑色のアディダスマークが入っていました(スタンスミスというアディダスの定番スニーカーだそうです)。

 どちらかというと70代に近いだろうマダムがアディダスのスニーカー! しかも、アディダスの白。
これは、その辺にあったスニーカーを履いて来たのではなくて、彼女自身が「好き」だと思って選んだものとしか思えない代物です。

 そして、最近そのアディダスの白いスニーカーを履いている若いパリジャンたちをよく見かけるようになりました。流行ってるんですね。

 パリには時々こういう素敵なスタイルを持った年配のマダムや、ムッシューがいるので、はっとします。