パリでごみ拾いは当たり前

 我が家のテーブル、スタンド照明、キッチンやリビングの小棚は貰い物か、拾い物です。スタンド照明は近所の路上に裸のまま捨てられていたので持ち帰り、お気に入りの布でカバーを手作りして愛用しています。
最近は仕事用の椅子を探していると友人に話したところ「その辺に落ちているの拾えばいいよ、うちの椅子も全部そうよ!」と自慢されてしまいました。

 他にも映画業界で働いてカンヌ映画祭のレッドカーペットも歩いたこともある(貧乏じゃなさそうな)パリジャンの友人宅を訪問した時には、拾ってきた木の扉をテーブルにしていてそれがなんともオサレでシビれるものでした。

 引越しの後などで盛られたゴミの山は、通行人のパリジャンによってどんどん拾われていきます。
先日道端のゴミとなっていた板張りを見つけ「この部品、ちょうど壊れたうちのソファーの修理によさそうだな、でもはずすのに力いりそう…」と眺めていたら、隣で同じくゴミを物色していた筋肉ムキムキのムッシュ(ホームレスじゃないです)が「取ってあげようか?」と1本だけ欲しいかった板をバキバキと剥ぎ取って4、5本くれたのでした。こういうゴミ交流も日常茶飯事です。

 どうでしょう? 「パリ」といえば華やかなパリジャン達の生活を想像しがちですが実際は日本人より、うんと質素で理にかなっていると思いませんか? 少なくとも私の生活は超質素です。 
「貧乏」というとヒモジイ響きがしますが、パリでの生活は必要なものにはお金を使い、そうでない無駄遣いは控える、という居心地がいい生活をしています。
むしろ東京で生活していたときよりも幸せをかみ締める回数は多いくらいです。

 私はパリでパリジャン達の生活を目にしてみて時間の過ごし方、お金の使い方、価値観を根元から覆されたように思います。
というか日本にいたころは、「○○が普通、○○が当然」というみんなと同じ価値観に脅迫されていたんじゃないかと思うのです。

 もちろんパリと日本は環境も違うので「パリジャンみたいにやったらいい!」といういい加減な提案はできないですが、
「シーズンごとに服は買うもの」「飲み会は居酒屋でやるもの」「お金がないと恋愛も結婚もできない」って別に誰かが決めた絶対ルールではないですよね?
 

 なんとなく見えない空気や脅迫観念でそう思わされているだけだということに気付けば、少しずつでも自分なりのやり方で楽にやっていける、と思うのです。
お金を使う代わりに工夫しながらやりくりするのも、案外楽しいものですよ。

Text/中村綾花

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

プロフィール

世界婚活 中村綾花 フランス 結婚 幸せ 結婚したい女

中村綾花

ラブジャーナリスト/ライター。
1980 年福岡県生まれ。県立長崎シーボルト大学(現・長崎県立大学シーボルト校)国際情報学部情報メディア学科卒。
テレビ番組制作会社でAD として勤務するも仕事に疲れ果て、ニューヨークに1年間逃亡&遊学。帰国後は20 ~ 30 代サラリーマン向けフリーペーパー& ウェブサイト『R25』(リクルート)で執筆や編集を務める傍ら、男女がもっと分かり合える場を作る「男の子の会」を主宰しNHK ニュースで全国放送される。しかし、そこに映る自分の姿に絶句し、2010 年に「世界婚活」プロジェクトを立ち上げ、世界各国の恋愛・結婚事情を取材して回りながら婚活も行うラブジャーナリストとして活動開始。
2012 年、世界婚活中に出会ったフランス人と結婚し、現在はパリにてLOVEを調査中。日仏カップルや、現地のフランス人・日本人にインタビューをする日々。
website:[世界婚活]
twitter:@ayakahan

前後の連載記事