AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式

遠距離結婚が実現するのは日本人だけ!?程よい距離感が夫婦関係をよくする

パリ在住のライター・中村綾花が日本滞在中に出会った「遠距離結婚」の女性。いつまでも初々しい夫婦関係でいられるのは「ほどよい距離感」があるからだそう。どんな人が向いているのか、その秘訣を探ります。

AMパリ支局がお送りする 結婚と幸せの方程式 中村綾花 遠距離結婚 単身赴任 日本 フランス Facebook
by TheeErin

 今回の日本一時帰国では、遠距離結婚をしているという2人の女性に出会ったり、再会する機会がありました。

 お一人目の女性は、facebook上でいつも幸せ一杯の結婚生活をレポートしてくれている方でした。彼女の日常生活に混じって、よくアップされているのは旦那さんとのデートの様子。
かといって、旦那さんの顔や2人のツーショットがアップされている等、あからさまな写真はないんです。でも、なんだかそのデートの様子が、初々しいのです。

 お互いの距離が近すぎず、慣れ慣れしすぎず、でもお互いを大切にしているのがfacebook上からひしひしと伝わってきます。

 彼女と私には共通の知人がいてfacebook上でつながっていただけだったのですが、ようやく今回お会いすることができました。
そこで図々しくも、結婚生活について質問させてもらうと「旦那さんとはこれまで一度も一緒に住んだことがない」というのです。

 友人の紹介で出会ったという2人はこれまで、仕事の都合でずっと離ればなれ。それでも結婚をし、時々お互いの住む県に遊びに行くのだそうです。それでこそ、あの初々しいデートだったのですね。

 彼女は「一緒に住んだらダメになるかもしれないですね」なんて冗談まじりで言っていましたが、他人の私から見ても、彼女の場合、距離がある方が長く続いて、ずっと初々しくいられるカップルのように見えたのでした。