本当に男ウケがいい勝負下着とは?セフレがお洒落なら下着は関係ない

ミカコちゃん:「ねぇねぇイシジマ、AM読者様の中で一番、勝負下着にコダワリを持っている女性って誰?」
担当編集I嬢:「白がいいのか黒がいいのかハッキリしてほしいですね」

今週のテーマは「勝負下着」です。実はミカコちゃん自身も、下着にはそれなりにコダワリを持っています。なんてったって「洋服は2千円でも下着は2万円」をキャッチコピーにしているくらいですから。

もちろん、プチプライスでも可愛らしいデザイン、セクシーなデザインの下着はいくらでも存在します。そう、勝負下着で肝心なのは価格帯ではなく、男性ウケですからね。ウン万円でも男性ウケしなければ意味がないですし、逆に男性ウケすれば1,980円でもええじゃないか! 

というわけで周囲の男性陣に下着の好みをリサーチし始めたミカコちゃん。「トランクスよりもボクサー派」と、トンチンカンな回答で返してくる者も1名おりましたが、「お前自身のパンツじゃなく、女性のパンツだよ!」と聞き直して回答を得ました。ふぅ、二度手間だったぜ。

んで、とある発見があったのです。まず下着の好みは以下2タイプに分かれます。「下着なんぞ、どうせ脱がせるのだからどうでもええわい!」ってタイプと、女性の下着に明確な好みがあるタイプ。自分の彼氏(ないしはセフレ)が前者タイプであれば、下着を頑張るのは馬鹿馬鹿しいですよね。

そこで見分け方のご提案です。「どうでもええわいタイプ」の男性は、ミカコちゃん調べだと皆、洋服にコダワリを持つオシャレさんでした。アパレル系とか元バンドマンとか美容師とか。オシャレ男性にとっては人目につかない下着よりも、人目につく洋服をこだわるべき……って考えなのでしょう。ですから彼氏やセフレがオシャレさんであれば、下着を頑張らなくてもノープロブレム。むしろ洋服のオシャレに重点を置くべきです。

逆に、ファッションにコダワリがない男性のほうが、女性の下着に明確な好みがあったりします。ってことは彼氏やセフレがユニクロばかり着ているようであれば、下着を頑張るべきなのでしょう。問題は、「んで、どんな下着が男性ウケするのか?」って部分ですよね。

男性ウケがいい下着はこれだ!

今こそ全ての日本国民に問います。

男性ウケを狙うにはどんな下着をチョイスすべきでしょうか? 

そんなことも知らずに、やれ「数年前に吉田沙保里選手が下着モデルデビューしたのは衝撃的だった!」とか「やはりアスリートのボディは完璧なまでに整っている!」などと言っている日本人のなんと多いことか。

しかしミカコちゃんは知っています。確実に男性ウケする下着とは……!? 

「ヒモパン一択」です。

前後の連載記事