わたしの内側を評価してくれる人を探せばいい

ところで、私はあまり恋愛に興味がないし、人から恋愛感情を持たれることが苦手だ。今後、自分の人生に恋愛というイベントが起きない可能性もあるが、まあそれはそれでいいかな? とも思っている。そういえば、年齢を重ねていくにつれ、恋愛に発展したり男女の関係になりそうな雰囲気の場に立ち会う必要もなくなってきた。だから、私は生きやすくなっているのかもしれないし、加齢も悪くないと思えているのかもしれない。

かつての私がこだわっていた容姿へのコンプレックスは、元を辿れば両親から容姿をずっと馬鹿にされ続けてきたことに起因するのだが、男性から受け入れてもらえない/認めてもらえない部分も大きく関係している。今思えば、学生時代の男性が中心にいた大きな枠組みから仲間外れにされてしまうのが怖かったんじゃないだろうか。私みたいな、可愛くない癖に弁の立つ人間は生きづらかったよな、と過去を振り返ってしみじみ思う。

でも、年を取って、男性からの目線も気にならなくなってきた。あれだけこだわっていたものはなんだったんだろう? 男性から何かしら評価されたところで、何か変わったりしないのにね。気づいたら、肩の荷が下りていた。

そのままの私を認めてくれる人なんて周囲にはたくさんいたし、居場所がなければ自分で作ればいい。恋愛だけが人を取り巻く関係性じゃないし、たとえその対象になれなかったとしても、大きく問題視する必要なんてなかった。見た目とか年齢ではなく、私の内側をきちんと評価してもらえる場を探せばいい。そう思うと、別に私がいつまでも20代の見た目でいる必要も、世間の思う「かわいい」に固執する必要もないんじゃないかな~と考えるようになった。そもそも、人との付き合いのなかで容姿と年齢でしか判断されず、それ以外の価値を無視し続けるのもおかしな話なわけだし。

「ずっと若くいたい」なんて、私には無理だ。おばさんの私も、小太りでなかなか痩せない私も月日の経過とともにゆっくり受け入れたい。30代なら30代、40代なら40代に適した運動や食事に気を遣い、たまに高いスキンケア商品を買ったりしつつ、白髪とかしわにも「あーあー」とか言いながら、それなりな私でいれたら十分な気がする。

Text/あたそ

あたそさんの新刊書籍が発売中!

新刊『孤独も板につきまして』は、大和出版より発売中です。

新刊『孤独も板につきまして』は、大和出版より発売中です。

前後の連載記事