寒い季節はこれで乗り切れ!おひとりさま暮らしの防寒対策

北風に身を縮こまらせやっとの思いで帰りついても、ひんやり寒い部屋の中。いつまでたってもコートが脱げず、あまりの寒さに気持ちまで荒んでしまうこの季節。
日中留守にしがちなおひとりさまの部屋は底冷えするほど空気が冷たくなりやすいため、帰宅後も温まるまでに時間がかかりがち。でも、電気代が気になって暖房器具の使用をつい我慢してしまうことも……。
そこで、おひとり暮らしならではの防寒対策をご紹介します。

窓際対策

ソロニュース おひとりさま 防寒対策 冬 ©EMILIE RHAUPP

・隙間ブロック…しっかり戸締りをしているつもりでも、冷気はサッシと窓枠のすき間から入ってきます。「すき間テープ」などを利用してわずかなすき間もしっかりとふさぎましょう。

・窓断熱…窓はガラス1枚で外と室内を隔てているだけなので、気温の低い季節は室内の空気を冷やしてしまいます。そこで、窓に防寒シートなどを貼りましょう。梱包で使う「ぷちぷち」はローコストで防寒シートと同等の効果を得られるのでおすすめ。透明なので、日中の日の光も取り込むことができます。ぷちぷちのついているデコボコ面を窓につけるように貼れば、空気の層ができてより高い断熱効果を得られますよ。

・窓断熱その2…“空気の層”で断熱すれば室内の空気が冷やされにくくなります。そのため、厚手のカーテンも効果的。窓とカーテンのあいだの冷たい空気が入り込んでこないように、床ギリギリまでの長さがあるものを選んでくださいね。

Point:結露ができやすい場合は、結露吸着シートを貼るなどして濡れたままにならないようにしましょう。

すき間対策

・隙間風の入り口を突き止める…窓からのすき間風を防いでも、換気扇や玄関などから入ってくることもあります。どこから入ってきているのかわからないときは、「線香」の煙を利用して入り口を突き止めましょう。
密室にした室内で線香を灯し、煙の流れる方向を確認。右に流れるようなら左から風が入ってきているということなので、その方向へ移動して同じ確認を繰り返します。
すき間風の入り口が判明したら、窓際同様にすき間テープなどでふさぎます。

Point:線香の煙が充満してしまわないように、一か所だけは換気扇をonにして確認してください。