マッサージ店に優しさを買いに行く

海外の方だったり、同郷の人だったり、大東京で孤独を抱えてそうな人とは分かり合えそうな気になります。キラキラしないと生きていけない東京でほっとするひとときがあってもいいんじゃないでしょうか。

たどたどしい日本語を買いにマッサージに行く

手からいろいろなものを出すドレス姿の手品師のイラスト

 私のよく行くマッサージ店は、店名が韓国語で、店員のお兄さんは中国人、売りは台湾式足裏マッサージという国際色豊かなマッサージ店だ。おまけにその台湾式足裏マッサージが大して気持ちよくない。じゃあ何でそこに通っているかというと、マッサージ師のお兄さんのたどたどしい日本語がたまらないからである。

 彼ら、マッサージの最中はだいたい無口で、たまに口を開いても、同僚と中国語で二、三言、会話を交わす程度。けれども毎回、施述が終わると、日本語で一生懸命ポイントカードの説明をしてくれる。

「ポイントカードはじゅっかいのいっかいでぜんぶをごふんです」

 毎回こんな感じの説明なので、残念ながら未だにポイントカードの使い方がよくわからない。でも、たとえ肝心な内容が伝わらなかったとしても、健気に伝えようとしてくれているその姿勢が、もう最高にグッドなのでそれでいいのだ。
たまに途中で話すのを諦めて、ハハッ、と恥ずかしそうに笑ったりするのもまたとても良い。言葉の通じない日本にきて、一生懸命頑張っているんだなあと陰ながら応援したくなるし、足裏マッサージで全然疲れがとれなくても、不思議と私も頑張ろうという前向きな気持ちになれる。