Loading...

ご褒美もいいけどちゃんとやってる?30代で見直したい目標設定の仕方

 ◯◯ができたらあれを買おう!
あと◯キロ痩せたら、あそこへ行こう!

 こんなふうに、自分の頑張りにいろいろ“ご褒美”を設定しますよね。
それでやる気が出て、予定より早く目標にたどり着けるなら良いでしょう。でも気軽な目標設定&ご褒美設定は、実は時間の無駄になりがちなのではないか。もっと言えば、30代はもはやご褒美~とか浮かれて時間の無駄遣いをしている場合ではないのでは…。そう思うことがありました。

「あと2キロ痩せたら…」その決意に意味ある?

目標設定をする30代女子の画像 Josh Willink

 かくいう私は、もともと目標&ご褒美思考の持ち主であります。
「あと1キロ痩せたらアイシャドウを買おう」とか、「この大きな案件が終わったら温泉に行こう」とか。もっと小さいもので言えば、「仕事頑張って終わらせたらケーキ買って帰ろう」とか。
ご褒美というより、楽しみというニンジンをどんどんぶら下げて、自分の尻を鞭でビシビシぶっ叩いて走らせることが常であります。

 先日もずっと取り組んでいるダイエットが思いっきり停滞期に突入したため、「あと2キロ痩せたら、念願のボディメイクに走ろう! コルセットを買って、エステに行こう!」と宣言し、ダイエットに勤しんでおりました。と、ここで無事達成できました。めでたしめでたし…なら良いのですが、実はそこから1ヶ月たっても、私のカラダからは肉が1キロも剥がれず、体型は全く変わらずの日々であります。
「あー畜生。痩せねえなあ」とブーたれいると、隣で衝撃的な光景が……。

 それはちょうど時期を同じくしてダイエットに精を出していた妹が、1ヶ月痩せなかった私の隣で、「コルセット買ったら最近ウエスト絞れてきたわ~」と、浮かれているではありませんか。

 あれ、このご褒美をぶら下げた1ヶ月間は一体何だったのだろう。
ふと考えると、この1ヶ月の遅れって、人生においてバカにできないものではないかと思ったのです。