お酢のうまみの底力!葉野菜もたっぷり食べられる「豚ひき肉のビネガー炒め」

 お酒と料理と食べ歩きをこよなく愛する、食ブロガーのツレヅレハナコさん。
彼女が紹介した「桃モッツァレラ(内田真美さんのレシピ)」や「味噌バター白菜鍋(重信初江さんのレシピ)」は、ネットで大きな話題となりました。
そんなハナコさんが、夜遅く帰ってきて一杯やりたいとき、一人でもすぐに作れるとっておきのおつまみと常備菜のレシピを教えてくれる連載です。

加熱すると酸味が飛んでうまみが残るお酢の底力

ツレヅレハナコの一人呑み晩酌カンタンおつまみレシピ©ツレヅレハナコ

「お酢って苦手なんだよねー」という人、多いですよね(特に男性)。
酢=「酸っぱい」。
確かに米酢のツーンとした酸味は、「酸っぱいの大好き!」な私も苦手です……。
でも!
調理法によっては、酢=「超イイ仕事する酸っぱくない調味料」に変身するんですよー。
どのくらい酸っぱくないかというと、どぶどぶと料理に加えても、
「お酢が入ってることに気付かなかった」という人がいるくらい。

 その調理法とは、ズバリ「加熱する」こと。
沸騰させることで酢の酸味が飛び、うまみだけが残るのです。
特にオススメしたいのは、肉+酢の組み合わせ。
肉のボリューム感とコクはそのままに、脂っこさだけをやわらげてくれます。

 今回、ご紹介するのは豚ひき肉のレシピですが、
「鶏手羽とゆで卵の酢じょうゆ煮」とかも大好き。
(↑ググるといくらでもレシピが出てくるのでぜひー)
酢のおかげで、鶏から出る脂がサッパリするだけでなく、
骨からポロッとはずれるほど肉がやわらかくなります。
これも酢の仕事!

 あまりに酢をホメちぎりすぎて前書きが長くなりましたが、
今回のつまみは、夏の晩酌に私がヘビロテするメニュー。
酢には疲労を回復させる力があるので、
暑さにやられまくった体には最適なんですね。
同じく疲労回復効果のあるビタミンB1をたっぷり含む豚肉に、
たっぷりの小ねぎと酢。
それらをガーッと炒めて、フレッシュな葉野菜で包んで食べる最強つまみです!

 うれしいのは、肉を包む葉野菜もたっぷり食べられるところ。
「最近、生野菜を食べてないけどサラダは飽きるのよね……」というときに、
ぜひお試しを。サニーレタスも一玉くらい食べきる勢いですよー!