Loading...

在宅のお供に! AM編集部と読者がオススメする「買ってよかったもの」

在宅捗りグッズ

今緊急事態宣言が解除された都道府県もでてきましたが、引き続きお家時間を過ごしてる人も多いのではないでしょうか?

こんな時期だからこそ、最近買ってよかったものを紹介します!

AM編集部の買ってよかったもの

Body Make Seat Style

在宅勤務で一番最初のピンチが「腰が死んじゃう」でした。家の床でも椅子でもなんか全部腰がやばくて、会社の椅子ってやっぱ腐ってもビジネスチェアなんだなって…。 色々検索した結果、Body Make Seat Styleが定番みたいで、8000円で高いのですが信じて買いました。実物は思ったより大きくて硬いですが、座ってなんと一日目ですぐに楽になりました…! 硬さのせいでずっとは座れないのですが、合間合間に挟むだけで私はすごく腰がよくなりました…。(金井)

トースター

ずっとトースターがなくて、まあレンジにギリついてるから…って思ってたんですけど、やっぱり火力が弱くて。3000円くらいのものを購入し、買ってきたパン中心に何でも焼いてるのですが、すごくおいしくなる…冷凍のポテトとかもうまい。 宅配ピザは次の日余ったのを焼いたんですが、え、配達したてよりこっちのがおいしいんじゃ!? って感じでした。みんな当たり前かもしれないのですが、持ってない方はぜひ…!(金井)

なわとび

運動不足にもってこい。いきなりやるとすぐ息もあがるし膝もやられるが、身体に染み付いた縄跳びDNAが目覚めれば、いろんな技に黙々と挑み続けられる。省スペースで場所をとらない反面、場所は選ぶという難点あり。二重跳びのコツは「高台から飛び降りながら」飛ぶこと。(大川)

ワイヤレスイヤホン(マイク)

縄跳びしながら音楽も聴ける優れもの。また、リモート会議中に急にもよおしそうになってもそのままトイレに駆け込めるので、危機を幾度となく救ってくれた救世主。ただマイクオフを忘れずに。(大川)

Yogiboの膝上テーブル

ビーズクッションで知られるYogiboの膝上テーブル「Traybo2.0」。ソファに腰掛けながら膝にPCを置いて作業することができます。ベッドの上から離れられないときも、このテーブルを膝に乗せれば大丈夫! なんとかPCと向き合えます。(石島)

サムソナイトの片面開きソフトスーツケース

長旅用のスーツケースを探していた結果、とにかく軽いサムソナイトの「POPULITE」を見つけました。最大77リットル入るのに、本体重量2.6kg。軽っ! 片面開きだから開いたときに場所を取らないし、中身も確認しやすい。いつになるかは分からないけど、これにタイのシルクをパンパンに詰めて帰りたい!(石島)

壁掛け時計

スマホがあるし時計いらんやろって思ってましたが、スマホをみないと一瞬で朝の4時にワープしてしまうことがよくありました。壁掛け時計は逐一時間を確認できるので、「あの長針があと10分したらゲーム終わるぞ」とか考えながら朝4時を迎えられます。(橋本)

Arromicのシャワーヘッド

体を洗う時、いちいちシャワーを止めて、その後また温度調整しながら出す作業が面倒で、そのまま流しっぱなしにしていました。私が使っているArromicのシャワーヘッドはレバーの切り替えひとつでシャワーを止めたり出したりできるので、いちいち温度調整する手間がなく超絶楽チン。節水ができて、地球に優しい!(橋本)

guかユニクロのメンズ イージーアンクルパンツ

パンツルックが似合わない骨格ストレートの方、これを買ってください。メンズなのが重要で、とにかく肉感をひろわないのですっきり見えて、ワンマイルウェアにぴったりです。アンクル丈で154cmの私でも丈詰め不要、ウェストは調整できるのでサイズは通販で適当に買っても大丈夫。色や素材もさまざまなので適当に2本ぐらい買えばコンビニ行き放題です。(小村)

クロスバイク

アンクルパンツは何のために買うのか、スカートでは乗れない自転車に乗るためです。ジムで10キロバイクマシンを漕げと言われると音を上げそうですが、移動のための片道5キロなら意外に軽々、一石二鳥で運動不足解消もできます。このご時世なかなか公共交通機関には乗りたくないし、ちょっとした移動には不可欠で本当に買っておいてよかったです。(小村)

前後の連載記事