名物「イタリアン」を味わえる純喫茶。王道のルックスのクリームソーダも一緒に!

異国情緒漂う外観の「K」で過ごす喫茶時間

まもなく大型連休がやってきます。お休みの方、お仕事の方、さまざまだと思いますが、皆さまはどのように過ごされますか?
私は一足先に一泊二日の旅をしてきました。目的はもちろん純喫茶を巡ること。ぐるりと旅した記録については改めて発表しますので、詳細はSNSをご覧ください。

私の働く東京では、平日の朝であればだいたいどの路線でも数分ごとに次の電車がやって来て、万が一乗り遅れてしまったとしても大事に至ることはありません。便利ではありますが、混雑している電車では外の景色を楽しむ余裕などはなく、じっと目をつぶっているかスマートフォンを眺めている人がほとんどです。しかし、ひとたび日常から離れて鈍行列車に揺られてみると、季節を感じられる彩り豊かな風景に春の訪れを実感して、移動というものも楽しいものだなと気が付くのです。

電車を乗り継いで、この度初めて下車した多治見駅。諸事情により、滞在時間は2時間未満でしたが、気になっていたモザイクタイルミュージアムを訪れた後に、とある1軒の純喫茶へ寄ることができました。
「コーヒー スパゲティ」と看板に掲げられた「K」。どこか異国情緒を感じる可愛らしい外観、扉を開けると想像以上に広い店内は清潔に保たれていて、腰を落ち着けるとほっとします。

難波里奈純喫茶画像看板
難波里奈純喫茶画像外観
難波里奈純喫茶画像店内
難波里奈純喫茶画像店内

テーブル横の出窓から外の明るさを感じながら、メニュー表を眺めると「イタリアン」に目が留まります。新潟のあるお店で初めてこのメニューを知ったので、同じようなものだろうか、と注文してみると、熱々の鉄板に乗せられたナポリタンが運ばれてきました。
敷かれた薄焼き卵の黄色と太麺の橙色のコンストラストが綺麗です。ふうふう、と冷ましながら口へ運ぶとケチャップの甘みと酸味が絶妙で、卵を少しずつ巻くようにして食べると更に美味です。
新潟で頂いたものとは少し味わいが違いましたが、どちらも美味しく、東京でも食べられるお店があったらいいなあと思ってしまうほど。一緒に注文したクリームソーダも緑色に白色のアイスクリームが乗った王道のルックスで思わず頬がゆるみます。

難波里奈純喫茶画像イタリアンとクリームソーダ

次の電車の時間までしばしひと休み。純喫茶でぼんやりする時間はどうしてこんなにも幸せに過ごせるのでしょう! 何度も何度も味わっているのに、今でも覚めないこの気持ちはまるで恋です。

帰り際、とても美味しかったことを伝えた瞬間に、はにかむように笑ったマスターのお顔がとても素敵で印象に残っています。

難波里奈純喫茶画像可愛い床

どこへ出掛けても混雑していることが悩みでもあるゴールデンウィークですが、この期間は今まで訪れたことのない純喫茶に出会うべく、旅でも散策でも、いつもとは違った場所へ出掛けてみませんか?
新しい発見をする楽しみとともに穏やかなひとときを過ごせるかもしれません。

Text/難波里奈

難波さんの新刊『純喫茶の空間 こだわりのインテリアたち』に興味がある方はこちらから!