Loading...

アウトドアにもぴったり!蠍座満月はガーリックシュリンプを作ろう

ガーリックシュリンプの画像

2019年5月19日朝6時11分頃に蠍座の満月

蠍座がつかさどるのは、真実や生と死。本質的に大切なものは何かとことん深く入り込み、他者と絶対的な信頼関係を築き、その人から大切なメッセージを受け継ぐことができる星座でもあります。
満月は意識や状況を変えるような大きな出来事が起こりやすいタイミングですが、今回の満月のキーワードは、「自分への忠誠」。自分の人生に、本当に大切なものは何か? 自分に正直に、自分を信じて描いてみてください。人生を変えるような気づきを得ることができるかもしれません。

今回の満月は、ブッダが悟りを開いた日

今回の蠍座の満月の前日5月18日に、「ウエサク祭」がインドやタイ、スリランカなど、仏教が信仰されている国で開かれます。この祭は、ブッダの生誕の日、悟りを開いた日、そして入滅した日が春の満月であったことから、インドの暦によって4月か5月の満月に行われます。
天界と地上の間に通路が開け、宇宙から強いエネルギーがふりそそがれるといわれているためか、スピリチュアルなところでは、特別な満月と言われています。

ブッダは、ブッダガヤにある菩提樹の下で深い瞑想をして悟りを開きました。ぜひ、ブッダに見習ってこの満月は、瞑想をしてみましょう。
1人でリラックスして過ごす時間を持つことで、自分の内なる声に耳を傾けることができ、自分が心から求めるもの、そして信頼する自分、愛すべき自分に気づくことができるでしょう。

心の声に素直に、大好きなガーリックシュリンプを作る

この満月は、自分の心の声に従って、大好物である海老を料理することにします(笑)。私は、子供のころから、海老が大好き。海老が好きな方はぜひ、このシンプルで最高に美味しい、ガーリックシュリンプを作ってみてください。

季節のいいこの時期、キャンプめしやバーベキューなど、アウトドアで調理しても簡単でとても美味しいですよ。冷めても美味しいので、ピクニックの1品としてもばっちりです。皮ごとぺろりと召し上がっていただけます。

ガーリックシュリンプの作り方

<材料> 海老 6尾
にんにく1片

オリーブオイル
バター 20g
パセリ

1.海老は頭をはずして、足を取り、背の部分にはさみを入れて切り開き、背わたをとる。バットにならべて塩をふっておく。

ガーリックシュリンプ

2. にんにくは、皮をむいて芯をとり、みじん切りにしておく。パセリは葉をみじん切りにする。

ガーリックシュリンプ2

3.フライパンにオリーブオイルを注ぎ、バターも入れて、中火にかけてにんにくを加える。いい香りが立ってきたら、海老を入れて、炒める。塩で味を調えて、パセリをふりかけたらできあがり。

ガーリックシュリンプ3

オリーブオイル、塩、にんにくをあわせたところに、海老をしばらく漬け込んでおいてから、炒める手順でもとても美味しいです!ぜひお試しあれ。

みなさんもご自分の心の声にしたがって、大好きなものを料理してみましょう。

Text/太田みお

前後の連載記事