インスタでブーム!懐かしの「フルーツオープンサンド」レシピ

実は日本独自の食文化、フルーツサンド。見た目にも可愛い一皿で、心ゆたかな自己満足タイムを味わえること間違いなし!

懐かしのフルーツサンドをフォトジェニックに再現!

太田みおさんの七夕そうめん

 “見た目が命!”なSNS、instagramのおしゃれユーザーたちのなかでじわじわと流行している、フルーツサンド。

 「#フルーツサンド」、「 #フルーツオープンサンド」などのタグで検索してみると、色とりどりの果物の断面が可愛く、そして美しく敷き詰められたオープンサンドがズラリ! それはそれはフォトジェニックで素敵なものばかりです。

 フルーツサンドと聞くと、どこかレトロで懐かしい気持ちになるのは、私だけではないはず。実は、フルーツサンドは日本独自の文化なのだそう。昔から老舗のフルーツパーラーなどで食べることができた、少しハイカラなサンドイッチです。

 実は、私が人生で初めて自主的に作った料理も、フルーツサンドでした。ウン十年前、6歳の少女だった筆者は、図書館で借りた料理本のなかの苺のフルーツサンドに心ときめき、ドキドキしながら作ってみたのでした。それはそれは、幼い乙女ゴコロに胸キュンな味と見た目、そして達成感でした。

 おひとりさま女史の皆様にも、ぜひとも週末の乙女ゴコロ活性化活動の一環として、見た目にも可愛いこの一皿を作ってみていただきたい!ここち良い郷愁と、心ゆたかな自己満足タイムを味わえること間違いなしです。